莉子、最初は嫌だった…演技が「今は楽しい」 転機と主演ドラマで得た学び


●主演ドラマで学んだ“役として生きること”
「最初は演技の仕事はやりたくなかったんです」。そう打ち明けるのは、10代女性から圧倒的な支持を受けている莉子(18)だ。ファッション誌『Popteen』の専属モデルとして活躍しながら、WEBドラマで演技にも挑戦し、2020年には『小説の神様 君としか描けない物語』で映画デビューを果たした。そして、4月22日にスタートするABEMAオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』(毎週木曜22:00~)では、主演として難しい題材にも挑戦する。人気・キャリアとも絶好調のティーンのカリスマは、自身の壁をどう乗り越え、どう演技と向き合っているのか。本人に話を聞いた。

昨年9月配信のYouTubeドラマ『DISTORTION GIRL』でドラマ初主演を経験した莉子。今回の『ブラックシンデレラ』は、それに続くドラマ主演となった。「主演は、全然感覚が違います」と、特に今回、主演という言葉の重みに押し潰れそうになったという。

「主役という言葉の重みがすごくて、早くクランクインして撮影の雰囲気を味わって慣れたかったです。特に今回、すべてが初めての経験といっても過言ではないくらい、私にとっては挑戦の作品でした。なので始まる前は不安でした。早く一歩踏み出したくて、クランクインするまで落ち着かなかったです」。

すべてが挑戦と語る本作で、莉子はミスコンへの夢を抱く女子高生・神谷愛波(かみや・まなは)を熱演。ド平凡女子を自称する愛波は、とあるきっかけでそのコンテストに出場するチャンスを手にするも、夢の舞台まであと一歩のところで悲劇に襲われてしまう。莉子は「“傷”というものにどう向き合うか、初めて本格的な役作りをしました」と、真剣な眼差しで語る。

そして、「彼女の“傷”に対する感情の揺れは、この作品ですごく大事だなと思いました。私はもう学校を卒業してしまったので、彼女と同じように普通に高校生活を送る知り合いに『もし愛波と同じ状況になったら、どういう気持ちになる?』とか、いろいろ質問して出てきたいろいろな意見を参考にしました」とリサーチを明かした。

「“本当の美しさ”とはいったい何なのか?」を問う難しいテーマの作品であり、莉子自身もモデルをしているだけに、「(愛波に起こる出来事に対し)想像もつかない出来事ってこういうことなんだな」と受け止めた。「“傷”は大きなテーマ。私だからこそ伝えられることがあるのでは」と、自身の職業を振り返る形で作品に向き合っている。

役作りの過程で自分自身に追い込みをかけてしまう仕事でもあるが、主演だから気づけたこと、成長できたこともあると言う。「これだけ大きな作品の主役をさせていただくことは初めてで、撮影期間もこれまでと比にならないくらい長かったです。追いつくことに必死で、毎日がこんなにあっという間に終わるのかと。演技で吸収することが多いからこそ、あっという間に感じるんですよね。本当に学びが多い現場だなと思います」と述懐する。

具体的な学びについては、「たとえば、感情を大事にすること。感情が入るからキャラクターが動くんです。セリフを覚えることに必死でしたが、そうではなく、愛波として生きることが大切なんです。撮影を重ねて愛波として生きるように努力を重ねたら、セリフを自分の言葉で話しているように言うことができるようになりました」と、目を輝かせながら教えてくれた。

●映画デビュー作をきっかけに演技が好きに

WEBドラマへの出演を重ね、2020年には『小説の神様』で映画デビューを果たした莉子。女優のやりがいをどう感じているか尋ねると、「最初は演技のお仕事をしたくなかったんですよ(笑)」と意外な本音が返ってきた。

「楽しさを感じなかったんです。そもそも演技をするということが、よくわかってなかった。私はモデルがしたいとしか思っていなかったので、人前で何かをすることが嫌でした。演技って割り切らないといけなくて、羞恥心を捨てないといけない。それがまったくできなかった。ほかの誰かになるというレベルではなかったですね。小さい頃から演技が嫌でした」。

演技に対する苦手意識が消えないまま、オーディションに通う日々を送った。「オーディションに行くようになったけれど、それでも嫌でした。今思うと中途半端な気持ちでやっていたと思うけれど、頑張ろうと思っても頑張れなかった。やる気が出なかったんです」。そしてある時、突然転機が訪れる。前述の映画『小説の神様』である。

「主演の佐藤大樹さんの妹役を演じさせていただいた時に、そこで初めて本当の演技を知ったような気がしたんです。橋本環奈さんなど共演者の方たちにも圧倒され、その時に役作りの方法も教えてもらいました。私、基礎を知らなかったんです。それでどんどん演技が嫌になり、ワークショップも基礎がわからないままの状態で行っては怒られ、なんとなくやっていたと思います。そういう自分も嫌でした。『小説の神様』でいろいろと教えてもらい、すごく変わりました」。

それから見違えるように演技に集中するようになったという。「今はカメラの前に立つことが楽しいです。さらにそれが作品としてみなさんに届くと達成感も感じます。撮っている時、放送後の反応を知ることも楽しい。今は本当に演技が楽しいです。こんなに変わるとは自分でも思っていなかったです」と笑顔を浮かべる。

その一方で仕事として女優をしている自分のことについて不思議な感じがするという。「普段は莉子として学校へ行ったりしていますけど、撮影期間にはもうひとりの自分がいるような気がします。現場でカメラ前に立つと、ふとスイッチが入る。家で泣く練習をしてもダメなのですが、現場ならすぐ涙が出るんです。今回で言うと、愛波に瞬間でなれる。それは今回の現場で初めて感じたことでした。本当にこの作品に出会えてよかったです。クランクアップが寂しいです(笑)」。

●「毎年、去年より充実していたと思える」

莉子は『Popteen』専属モデルとしても活躍している。2020年は『Popteen』の好きなモデルランキングで1位になり、初の単独表紙も飾った。2020年は映画デビューの年でもあり「充実していました! 本当にありがたいことです」と振り返る。「1年の終わりにその年の出来事をSNSにアップした写真で見返すのですが、毎年、去年より充実していたと思えるんです。それだけたくさんの仕事をさせていただけているということだし、自分でもそれなりに達成感を感じています。本当にうれしいことですよね」。

そして、「去年の自分を超えることを目標に頑張っている部分があります」と告白。「1年の終わりに去年のほうが楽しかったと思ったら終わりだなと(笑)。いつまでこの仕事を続けているかわからないから、きっとそういうことを思わなくなった時が辞める時かなと思っています。でも今はそういうことは思わないから辞めたいと思わないし、頑張れているし、演技も楽しいからこそ新しい発見もできている。それはファンの方々、事務所の方々、周りに支えられているからだと思います」と謙虚だ。

さらに、モデルと女優、両方の仕事をすることで見えてきたものがあると明かす。「モデルでも『Popteen』で漫画の企画があるのですが、そこで一個ずつ表情を変えなくちゃいけない時は、演技力が身につく気がしますが、ドラマや映画の撮影の環境は全然違う。モデルの現場とは違う緊張感があり、それがすごく刺激的です。やりがいもモデルは仕事が決まった瞬間に感じますが、演技は撮り終わった瞬間や、監督がOKを出した時に感じることが多いんです」。

かつて嫌々だったオーディションにも積極的に通うようになり、「今は場数を増やすことが大事です」と、冷静に自分を見つめている。「でも私、目標とか夢とかないんですよ(笑)。こういうインタビューでも『ないんです』と正直に言ってしまうのですが、それでいいかなというスタンスです」とあっけらかん。でも、青写真を描かないことには、ちゃんとした理由があった。

「目標や夢を決めちゃったら、もしもそれを達成した時に、次のものを見つけることが難しいかもしれない。それよりも目の前のことをちゃんとやることしかできない人間なので、一つ一つ片づけていきたい。そうしていたら今に至った、そういう感じなんです。今は演技が楽しくなっている時期でもあるので、一つ一つちゃんと丁寧にやっていきたいなと思っています」と語る莉子。自分の長所・短所を熟知した18歳のこれからが楽しみだ。

■莉子
2002年12月4日生まれ。神奈川県出身。ファッション誌『Popteen』の専属モデルとして活躍する一方で、2020年にABEMAのオリジナル恋愛番組『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し大きな話題を集める。SNSの総フォロワー数は250万を超え、『Popteen』2020年6月号で初の単独表紙を飾ったほか、同年4月、マイナビティーンズの「好きな女性インフルエンサーランキング」で第1位に輝くなど、10代女性を中心に絶大な人気を誇る。2020年には『小説の神様 君としか描けない物語』で映画デビュー。女優としても活躍の幅を広げている。

(C)AbemaTV,Inc

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ