高杉真宙、初共演の藤井流星に「すごく魅了された」プライベートの交流も明かす<『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』インタビュー>

 

俳優の高杉真宙さんが、4月29日(木・祝)公開の映画『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』に、鈴井涼太役で出演します。

『賭ケグルイ』といえば、シリーズの累計が620万部を超える人気コミックを原作に、2018年に実写化。以降、高杉さんは主人公・蛇喰夢子(浜辺美波)のよき相棒的存在の鈴井を演じ続けています。

舞台は、ギャンブルの強さだけで学内のヒエラルキーが決まる私立百花王学園。『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』では、夢子&鈴井たちがシリーズ史上最凶最悪のヴィラン・視鬼神真玄(藤井流星さん)と、大金ではなく命をかけて『ロシアンルーレット』に挑みます。

めるもでは、第1弾で高杉真宙さん、第2弾で浜辺美波さん&藤井流星さんペアにインタビューを実施。高杉さんには、長く演じている鈴井への愛着や、初共演となった藤井さんとのエピソードなど、いろいろと語っていただきました!

 

 

――「賭ケグルイ」シリーズは、新作が公開されるたびに皆さんの演技合戦に注目が集まります。本作では、高杉さん演じる鈴井のテンションがますます高かったような印象を受けましたが、前シリーズからの変化は意識していましたか?

高杉真宙:実は、どのテンションに持っていけばいいのかという加減は、今回が一番難しかったんです。自分は周りの様子を見て、テンション感を合わせていこうとやっていたんですが、「あ、結構いっちゃったかな……」と思ったときにも、監督には止められなかったので大丈夫だったみたいです(笑)。

 

――劇中では、芽亜里(森川葵さん)と一緒にミュージカル調の場面もありました。みどころですよね。

高杉真宙:いやあ、もう、一番緊張したシーンです! 曲を初めて聴いたとき、「『賭ケグルイ』で、俺はこれを歌うんだ!?」と思うと、ちょっと笑っちゃって。『賭ケグルイ』は、いろいろな挑戦をさせてもらえる現場なんですけど、それぞれに課せられた挑戦があると思うんです。その中のひとつだなと思って、今回はやらせていただきました。

 

――一番緊張したシーンだったんですね。

高杉真宙:それはもう、緊張しましたね! 自分は歌があまり得意なほうではないですし、しかもまさか『賭ケグルイ』で歌うと思っていなかったので。どこまで進化させられたらいいのかな、と思いながらやっていました。こうして予測ができないのがこの現場だと思うので「相変わらず緊張させられるな」と思いながら、入っていましたね(笑)。

 

――本作のキーパーソンとして、“史上最凶最悪のヴィラン・視鬼神真玄”が登場します。藤井流星さんのキャスティングを聞いたときは、どう思いましたか?

高杉真宙:「あっ! しゃべるネタ、ある!」と思いました! 僕、藤井さんと同じ『ジャニーズWEST』の(小瀧)望くんと共演していたので、「その話をしよう~」と思っていたんですよ。

 

――一緒にとは、『プリンシパル~恋する私はヒロインですか~』の共演ですよね。

高杉真宙:はい。そういう意味でも、共通の話題があるから話しやすいなと思っていました。お会いする前から、自分としてはすごく楽しみだなという気持ちがありました。藤井さんの視鬼神という役については、台本を読んだときは(藤井さん自身と)全然違うイメージだったので、「どんな感じなのかな?」と思って現場に行ったんです。そうしたら、世界観をしっかりと作り込まれてきていて。藤井さんがすごく練ってきたものを、現場でバッと出している感があったんです。こっちも「なんかやらないとヤバイ……」と思うくらい、いい意味で圧があったので、僕はすごく魅了されましたね。

 

――高杉さんと藤井さんのファーストシーンは、どこだったんですか?

高杉真宙:一番最初にお会いしたシーンが、生徒会長の交代式でした。藤井さんがダンスを踊ったりするシーンだったんですけど、やっぱりすごく似合うんですよね。すべての動作に、色気があって……。藤井さんの魅力もあるとは思うんですけど、全部作り込まれているからこそ、というのもあると思って、ラスボス感がありました。「うん、そりゃあ勝てないな」と思って見ていましたね(笑)。

 

――藤井さんとは、その後、現場以外でお会いしたりしましたか?

高杉真宙:実は、望くんが出ている舞台『エレファント・マン』を、一緒に観にいきました。その後、ふたりでごはんにも行ったりしまして。

 

――交流がずっと続いていらっしゃると。撮影を経て、いい関係が築けたんですね。

高杉真宙:はい! 人見知りの僕にしては、なかなかのチャレンジと言いますか……ドキドキしましたねぇ。一緒にごはんに行くこと、僕としてはなかなかないので。藤井さんはすごくお兄さんという感じなので、素敵でした。いろいろ話させてもらったりして、楽しかったです!

 

――魅了されながらも、『賭ケグルイ』は高杉さんのホーム的現場かもしれませんので、「負けないぞ」という気持ちもあったりしましたか?

高杉真宙:そうですね。もちろん「負けないぞ」という気持ちは、自分だけでなく、みんなにもあるとは思います。『賭ケグルイ』の現場はアットホームなんですが、その中ですごく力強い「やってやるぞ」感がそれぞれにあって。監督も、最後のカットは誰を撮るのか、という煽りを僕らにしてくれるんです。それがあるから、余計に競争ができるような気はするし、仲がいいからこそ「負けないぞ」が成立する気がすごくします。それも含めて楽しんでいる現場なんですよね。

 

――それこそ、芽亜里役の森川さんは「私しかもう芽亜里はできないでしょ、みたいな絶対的な自信はすごくあります」とお話されていました。高杉さんにも「鈴井は俺にしか」みたいな気持ちはありますか?

高杉真宙:そうですね、何年かやっているので、そういう意味でも一応、自信はあると思います。僕以外の方がやったら、違う鈴井くんができるとは思うんですけど。あ、けど、愛着はめちゃくちゃありますよ。愛着だけは負けない自信、ありますね(笑)!

 

――予測不可能な現場というお話もありましたが、高杉さんは、そうした現場が好きなのか、もしくはアドリブなどはなく進んでいく現場が好きなのか、二択ならどちら派ですか?

高杉真宙:どちらの良さもありますから、難しいですね。僕としては、どちらも面白いんです。僕はそこまで突飛なことはできない人間ですけど、周りの方たちがそうやっていく姿を見ているのがすごく楽しいし、頑張らないとと思って、学んでいる部分もあります。反対に、いわゆるじっくりやっていく現場では、考えてきた、積み立ててきたものを出していく場として、すごく面白いんです。

大げさに言えば、はちゃめちゃな分いろいろなことができるのも面白いし、反対に、静かに針に糸を通すような、ズレないようにしていく感じもすごく好きですし。なので、両方好きです。

 

――いろいろなお話、ありがとうございました。最後に、ここまでくると、第3弾の映画や続編の期待も募りますが、そのあたりへの思いはありますか?

高杉真宙:何度かやっていくと、緊張するんですよね。2回目、3回目……と続いていくと「もっと、もっと」という欲が出てきてしまって。自分ができるところはわかったけど、それをひとつひとつ上げていかないと、僕としては良くないと思っているんです。だから、もう一度やることへの楽しさとかはありますけど、毎回すごく緊張します。

 

――慣れるわけではないんですね。

高杉真宙:そうなんです。慣れるとほんとにダメだな、とは思っているので。その緊張はもちろんいいことではあるんですけど、何て言うんですかね……。できるところがわかっていると、ある種「ここまではできる」という信頼なわけじゃないですか。その信頼を裏切らないように、かつ、しっかりともっと上を目指していくのが必要だな、といつも思ってはいます。自分としても、「鈴井の今後をもっと見たい」と思わせられるようなことをしていきたいなと思いますし。それを超えていくのが、面白いところなんですけどね。(取材・文:赤山恭子、写真:斎藤幸子)

 

 

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は、2021年4月29日(木・祝)より全国ロードショー。

キャスト:浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵 ほか
公式サイト:kakegurui.jp
(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX(C)2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ