ザキヤマ「白シャツ×白ネクタイ」の誕生秘話に松本人志も驚き

 

4月16日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、アンタッチャブル・山崎弘也と柴田英嗣が登場し、山崎のトレードマークである“白シャツと白ネクタイ”の誕生秘話を明かした。

 

MCの松本人志「俺、初めて知った」

松本が「ザキヤマのあれ(衣装)は何から来てんの?」と、こだわりの理由を尋ねると、「めちゃくちゃ突然でしたね。俺も知らなかった」と相方の柴田。山崎は「あれはもともと、くりぃむしちゅーの有田(哲平)さんに、あまりにもお金がない時期に(衣装のことを)相談してたんですね。次またこれ(カジュアルな服)で来たら『またそれだな。2回着てるな』って言われるんですよ。でもフォーマルって『そういう(スタイル)ね』ってなるから、フォーマルって1つに決めた方が良いと」アドバイスを受けたと明かした。

 

続けて山崎は「(有田さんが)お前は賑やかな男だと。賑やかって言ったら何だ?って言うから、やっぱ結婚式の二次会だろと。二次会にいるようなヤツが一番陽気でハッピーで、みたいな。それでネクタイは白にして」と誕生秘話を明かすと、松本は「へぇー!俺、初めて知った」と驚いた。

 

「それを柴田さんに相談せずに決めちゃったんですね」と相方に話していなかったという山崎。当時について柴田は「ある日突然、漫才のステージに立ったら隣に“冠婚葬祭”が登場してきちゃったの。『えっ!ちょっと待って!』って」と焦ったと語り、柴田の心中を察した一同は大爆笑。

 

続けて山崎が「番組から『カジュアルでお願いします』って言われたらカジュアルの用意していただきますけど、基本は白シャツ白ネクタイ黒いパンツをスタイリストさんが持ってくるっていう。3種類、白のワイシャツが(用意して)あるんで、気分で『今日はこの白かな』とか」選んでいるのだと明かすと、すかさず松本は「知るかボケ!」とツッコんでいた。

※トップ画像は『人志松本の酒のツマミになる話』公式Twitter(@cxSAKEnoTSUMAMI)より

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ