中川大志「お弁当のフタを容器の下に重ねる人がイヤ」

 

4月16日放送の『A-Studio+』(TBS系)に、俳優の中川大志がゲスト出演し、高校時代から続く大親友とのエピソードや、見ていて“だらしない”と思ってしまう女性の行為などを明かした。

 

中川が女性に求める第一条件とは?

母校「堀越高等学校」時代からの大親友・通称「タケ」の話題で、中川は「高校の時は、しょっちゅうウチに遊びに来てたんですよ。それこそ僕が仕事行ったり学校行ってるのにタケが僕んちでサボってるみたいなこととかもあって」と親友が我が家のように過ごしていたと明かすと、MCの藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)が「家に入る時、必ず足洗わなきゃいけないんですよね?」と事前取材でタケから得た情報をもとに尋ねる。

 

すると中川は笑いながら「そうですね。『ウチに来たらまず足を洗ってくれ』と。それから『スリッパを履いてくれ』っていうのを言ってて」とタケ専用のスリッパを用意していたと明かした。続けて藤ヶ谷が「大志君はキレイ好きだから大志君のベッドの上は寝ちゃダメらしいんですけど、大志君が仕事で行ってる時は、タケもガンガンベッドで寝てたらしいですよ」と暴露すると、中川は「後でちょっとシメます」と笑いつつも、お互いにGPSで位置情報を交換するほど仲が良いのだと明かした。

 

そんな潔癖な中川にMCの笑福亭鶴瓶が「几帳面、わりとキレイ好きなんやろ?」と尋ねると、中川は「キレイ好きですね」と答え、「だらしない女の人は嫌なんやろ?」と問われると「結構そこ第一条件かもしれないです」と答えた。また藤ヶ谷から「どう、だらしない人がダメですか?」と聞かれると、「それこそ、お弁当とかのフタがあるじゃないですか。フタを外して、こうやって(容器の下に)重ねる人が嫌なんですよ」と具体例をあげた。

 

続けて中川は「タレとかがフタの内側に付いてたりする時あるじゃないですか。それがここ(容器)の下に行って、また閉めて置いたら『タレが……』って思っちゃうんですよ」と明かしていた。

※トップ画像は『A-Studio+』公式Twitter(@a_studio_tbs)より

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ