川谷絵音が作詞・作曲、北村匠海やホリエアツシら歌う「春は溶けて」配信

Billboard JAPAN



川谷絵音が作詞、作曲を手掛けたFM802 春のACCESS!キャンペーンソング「春は溶けて」が、4月23日より期間限定で配信される。

FM802春のACCESS! キャンペーンは、FM802とゆかりあるアーティストが多数参加するオリジナル・キャンペーンソングを制作するドリームプロジェクト。今年の参加シンガーは川谷絵音に加えて、北村匠海(DISH//)、長屋晴子(緑黄色社会)、三原健司(フレデリック)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、yamaの6組で、ユニット名は「Radio Bootsy」と名付けられた。

FM802独占オンエア期間は5月31日まで、サブスクリプションサービスでは9月30日までの期間限定配信とのこと。

◎川谷絵音 コメント
距離を保つことが当たり前になりましたが、良い距離感っていうのは悪いことではないし、それによってより個人の時代になったんですよね。
人とあまり会わなくなってから僕は思ったんです、みんな自分で思ってるより自由だって。春になったから何か特別なことがあるんじゃなくて、いつでも春は溶けてそこにあるんです。
椿には「控えめな素晴らしさ」という花言葉がありますが、控えめに考えたら幸せはすぐ側にあったりします。
明日は来ちゃうし、生きてかないといけないけど、僕らは自由だから。悪くない話でしょう。そんな曲。
FM802の皆さん、トオミさん、素晴らしい歌い手の皆さんに手伝って頂きこの曲が完成しました。感謝。

◎北村匠海(DISH//) コメント
絵音くんとは長い付き合いで、10代の頃からバンドの先輩後輩としての関係がありますが、初めて一緒の作品に関わることが出来て嬉しく思います。
デモを聴いた瞬間から純粋に好きな楽曲となり、この楽曲を歌わせてもらえる喜びを感じながらレコーディングしました。
同世代から先輩まで一緒に1曲を作り上げるので、みんなで歌うことで少しでも世の中を明るく照らすことが出来たらと思い、出せる限りの力を出しました。

◎長屋晴子(緑黄色社会) コメント
FM802のACCESSキャンペーンに参加したいとずっと思っていたので、オファーが来た時に「やったー!」と思いました。
この「春は溶けて」という曲を最初に聴いたとき、日本の四季の情緒あるすばらしさを感じる、春の美しい曲だと思いました。わくわくも不安もいろいろな気持ちのある春に寄り添える曲で、24歳のころに上京して、初めて一人暮らしをして、一人で春を迎えたときに、小学校1年生みたいな気持ちになったのを思い出しました。

◎三原健司(フレデリック) コメント
どんな方にも馴染みやすいメロディーで、本当に素敵な曲です。
メロディーメーカーとしても素晴らしい方だなと感じました。
この曲では、フレデリックでのバンド特融の謡い方とは違う押しではなく「引き」の部分を表現できたと思います。
春は出会いや別れ、新生活が始まりいろんなことを感じる季節ですが、それぞれが自分の経験を元に「春は溶けて」を聴いてもらえば、まさに2021年の春はこの曲から始まる、と言える楽曲だと思います。

◎ホリエアツシ(ストレイテナー) コメント
歌っていて気持ちのいい曲です。3回聴いてもう覚えるぐらい、耳の中に残る曲でした。
テクニカルなのに耳に残る、絵音くんのさすがのセンスを感じます。
歌詞に、春を表すのに桜ではなく、椿とひばりが出てくるあたりが面白いなと思いました。
絵音くんの声は中世的で感情の読めない感じが魅力ですが、僕の声はメンバーの中では男っぽい方だと思うのでエモさが際立ったのではないかなと思っています。
昨年の春から、一緒にいるはずの人と一緒にいられない生活が続き、2度目の春を迎えた今もなお厳しい現実の中ですが、日常の一瞬一瞬に幸せを見つける、というのがこの曲のテーマかな、と僕自身は受け取りました。
音楽もその一つですが、小さな喜びや楽しみを幸せに感じて生きていけたらと思っています。

◎yama コメント
何度も口ずさみたくなるような素敵な曲で、歌わせていただけて光栄に思っています。ぜひ聴いてください。

https://radioboosty.lnk.to/haruhatokete

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ