私の「やりたいこと」はなに? 自分の心と向き合う3つの方法

fumumu

考える女性(gpointstudio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「夢中になれるものを見つけたい」と願いつつ、何事にも本気になれない。そんな自分に対して、焦りを感じている人もいるようです。

なにかに夢中になるほうがいい、と決まっているわけではありませんが、「これが好き!」と言い切れるものがあれば、人生がさらに豊かになるかもしれません。

夢中になれることを見つけ出す方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)「好き」で考える


「『やりたいこと』で考えるより、『好きなこと』で考えるほうが見つかりやすいと思います。やりたいことで考えると、つい仕事にできるか? 人に堂々と言えるか? など、余計なことを考えてしまうので…。

自分がやっていて楽しいなら、それがやりたいことだと思いますよ。趣味を仕事にした人がクローズアップされがちなので、お金を稼げないと『やりたくても諦めなくてはいけない』と考えてしまう人もいるけど、その必要はないと思います。

ひとりで楽しむことが、自分の気持ちを支えてくれる可能性は大いにあるから。好きな気持ちに正直になれば、今の自分のやりたいことも見えてくる気がします」(20代・女性)

関連記事:

(2)未知の世界に…


「自分の生活範囲内にやりたいことがないなら、未知の世界に飛び込んでみるといいですよ。未経験のことに挑戦したり、日常ではあまり関わらないタイプの人と話してみたり。

頭の中で考えたり、ただ調べているだけだと、なかなか新しいものとは出会えないと思います。それまで興味のなかったことも、実際にやってみたら自分に合っていて一気にハマる…なんてこともありますからね」(20代・女性)

(3)言い訳しない


「心の中ではやりたいと思っているのに、なにかしらの言い訳をして、気持ちを無視している人もいるんじゃないでしょうか。『人に言ったら馬鹿にされる』『仕事として不安定だから目指しても意味がない』とか。

理由をつけて諦められるならいいですけど、自分で納得しないままやりたい気持ちを放置してしまうと、他のことを素直に楽しめない気がします。

興味のあることがすでにあるのに、他に夢中にはなれないから。せめて心の中では、あれこれ考えているのをやめて、自分の素直な気持ちと向き合ってみてもいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

自分がいる世界にワクワクするものがないなら、まだなにも知らない世界に飛び込んでみてもいいかもしれません。

「これだ!」というものが見つからなかったとしても、はじめての経験はきっと自分の糧になってくれるはずですよ。

・合わせて読みたい→梨花、自宅キッチンの巨大な桜に驚きの声 「どうやって!?」

(文/fumumu編集部・くまのなな)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ