『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』発売日決定 日本版本予告も公開

クランクイン!

 映画『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』が、5月26日よりダウンロード販売、デジタルレンタル先行配信、6月25日より4K ULTRA HD&ブルーレイが発売されることが決まった。併せて日本版本予告映像も公開された。

2017年に公開され、全米No.1ヒットを記録したアクション・エンターテインメント映画『ジャスティス・リーグ』。本作は、その制作中に降板したザック・スナイダー監督の初期構想に基づき、追加予算を大幅にかけ、150分にもおよぶ蔵出し映像や新たに撮影された4分の新映像を加えて再編集し、製作された約4時間にわたる超大作。

2017年版『ジャスティス・リーグ』には登場しなかったジャレッド・レト演じる“ジョーカー”が登場するほか、ブラックスーツ姿のスーパーマン、さらにスーパーヴィランのダークサイド、ジョー・マンガニエロ演じるデスストローク、初登場となるマーシャン・マンハンターや、戦闘シーンにはグリーン・ランタンなど、注目のDCキャラクターが次々と登場する。

日本語吹き替え版は、2017年版『ジャスティス・リーグ』と同じ声優キャストで収録。約24分の映像特典には、スナイダー監督とジャスティス・リーグ6名のキャストインタビューも収められ、『マン・オブ・スティール』『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』の制作を通しての思いを語る貴重な映像となっている。

セル商品にはストーリーをジェフ・ジョーンズ、作画をジム・リーが担当した28ページにわたる「ジャスティス・リーグ」コミックブック(日本語版)を日本限定で封入。さらにジャスティス・リーグ&ダークサイドのキャラクターポストカード7枚セットがついてくる。

また、劇場公開から5周年を記念し、スナイダー監督作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)のアルティメット・エディション アップグレード版<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>が6月25日に発売されることも決定。画質のアップグレードに加え、新たな特典として「監督ザック・スナイダーによる音声解説」を初収録する。

映画『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は、5月26日よりダウンロード販売、デジタルレンタル先行配信。6月25日より4K ULTRA HD&ブルーレイ発売。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ