自ら人にぶつかっていって… 歩きスマホをしていて失敗した体験談

fumumu

歩きスマホ(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
歩きながらスマホを見るのは、危険な行為。しかし、それでも歩きスマホを続ける人がたくさんいるのも事実です。

■4人1人が「よく歩きスマホをしている」


fumumu編集部では全国10~60代の男女3,140名を対象に、よく歩きスマホをしているか、調査を実施しました。

よく歩きスマホをしているグラフ

「歩きスマホをしているほうだ」と答えた人は、全体で25.7%でした。

fumumu取材班は女性達に、歩きスマホをしていて失敗した体験談について聞きました。

関連記事:

(1)人にぶつかっていった


「先日、駅のホームを歩いているときに、見知らぬ男性とぶつかってしまいました。相手にまったく落ち度はなく、歩きスマホをしてた私がすべて悪いんです。

SNSのチェックに夢中になっているうちに周囲が見えなくなり、そのまま男性に向かって突進したようです。もし相手が子供や高齢者ならば、もっと大変なことになっていたかもしれません。

今後はそのような失敗をしないように、歩きスマホはやめようと思いました」(20代・女性)

(2)違う方面に行く電車に乗っていた


「友達との待ち合わせ場所に行くのに、電車を乗り継いでいました。そのときにツイッターで回ってきたネットの記事が気になり、読みながら移動していたんです。

そして、スマホを手に握ったまま電車に乗りました。するとその電車は、目的の場所とは違う方面へ行くものだったんです。しかしスマホを見ていた私は、しばらく気づきませんでした。

約束の時間に遅れて、友達には迷惑をかけてしまいましたね」(20代・女性)

(3)段差に気づかずにこけた


「駅から家までの帰り道は、いつもスマホを見ながら歩いていたんです。その日も友達とLINEのやり取りをしていたのですが、段差に気づかずにこけてしまいました。

膝を擦りむいて痛かったのですが、それよりも周囲の人たちからの視線が恥ずかしい…。

これまでなにもなかったので歩きスマホを続けていましたが、やはり危険な行為だと実感しています」(20代・女性)

歩きスマホは、やはりやめておいたほうがいいでしょう。

・合わせて読みたい→人といるのに…ずっとスマホをいじっている女子の最低な行動3選

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ