「夏まで想像できる素肌ニット」|今ひとつ先がいい理由

GISELe

冬の定番というイメージの黒ニットもこれから新たに投入するならば、春を通りこして「夏」を見据えた選択を。たとえば冬には成立しなかった、素肌とのコントラストを楽しむ方法で。

レイヤード前提で「クロシェドレス」

「あせたデニムと隙のあるニット」の相愛な上下関係
ナチュラルなニットと切りっぱなしデニムの適当感も、黒ありきだから大人を保てる。

黒クロシェドレス 11,800円+税/MOUSSY、デニムパンツ 18,000円+税/BLACK BY MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) 白ショルダーバッグ 28,000円+税/ルーブル(アルアバイル) グレーサンダル 52,000円+税/ペリーコ(シップス 有楽町店)

きゃしゃな体を印象づける「繊細なバッククロス」

「素肌をコーディネートするように」背中に配したストリング
肌とのコントラストによってさらに目を引く背部に不規則に配した極細のライン。黒だから許されるストレートにセンシュアルなデザインは、ボトムも足元も気楽でこそ好バランス。

黒2wayニット 7,500円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) ストライプパンツ 21,000円+税/BACCA(TOMORROWLAND) 黒サンダル 38,000円+税/ENFOLD

【画像一覧】サマーニットで春ならではのスタイル

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ