東京五輪は期待大。「攻め姿勢」でコロナ禍を乗り越えるハンドボール代表の活躍

日刊SPA!

―[今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪]―

~第79回~

フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

◆急成長のハンドボールは五輪注目の競技

長らく日本と世界のスポーツ界が動きを止めてきたなかで、いよいよ迫ってきた東京五輪・パラリンピック。理想通りには物事は進みませんが、そのたびに体操の内村航平さんが発した「できないではなくて、どうやったらできるか」「どうにかできるように、そういう方向に考えを変えてほしい」という言葉を思い出し、心の聖火を燃え上がらせる日々です。

さて、今回はこのように苦しい一年にも時計を止めず、前に進んできた競技の「今」を探訪してきました。その競技とはハンドボール。男子代表は1988年ソウル大会を最後に五輪から遠ざかり、女子代表も1976年モントリオール大会を唯一の出場とする五輪と縁遠い競技です。しかし、まさに彗星のように注目を集めつつある競技でもあります。

とりわけ男子代表「彗星ジャパン」は、2021年1月の世界選手権において、自国開催であった1997年大会以来のメインラウンド進出をはたし、メインラウンドのバーレーン戦においては「史上初のメインラウンドでの勝利」をも記録しました。「レミたん」の愛称で知られる土井レミイ杏利選手など個人としての知名度を高める選手も登場し、五輪への期待感も高まるばかり。

そんな注目のなかで行なわれたのが日本ハンドボールリーグのプレーオフ・ファイナルでした。この大会は、ハンドボール日本一を決める大会であると同時に、東京五輪へとつながる重要な大会でもありました。なにせ大会が行なわれるのは東京五輪と同じ国立代々木競技場第一体育館です。五輪本番の会場で開催される事実上のテスト大会。五輪へつながる盛り上がりや熱気はどうなのかを確かめる……そんな気持ちでの訪問です。

会場前の広場では出場する各チームの応援団が自分たちの応援グッズを配布するなど、早くも盛り上がりを見せる現地。すでに標準的な対応となった手指消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンス、検温といったものをこなして会場入りします。入場チケットは自らもぎるなど、一年前なら考えもしなかったことにもすっかり慣れました。係員も、観客も、すでに「コロナ禍での試合観戦」になじんだようです。

会場内の導線や行動に制限はあるものの、過剰な警戒態勢ということもなく「ハレの日」にふさわしい祝祭感というものも存分に堪能できます。アリーナ席への入場者にはシャツやタオル、焼き菓子などのグッズ配布もあり、テンションも上がります。美味しそうな焼き菓子を配布されると「会場内で食べてもよろしいんでしょうか!?」とドキドキしてしまうのもコロナ禍ならではです。

◆臨機応変なコロナ対策でいち早く有観客試合を実現

基本的な対策は徹底しつつも過剰ではない「ほどよい」運営態勢。観客のほうも「ほどよい」にぎわいでこの日を楽しんでいます。スタンドには出場チームの母体企業からの応援団と思しき大集団が居並び、太鼓やコールでチームを盛り上げています。スタンドも全面を使用しているわけではなく、席も1席空きの市松模様ですが熱気は十分。アリーナ席には大型のレンズを構えた熱心な女性ファンも数多く見られます。コロナ禍だからといって熱気が失われたりはしていない模様。

そうした「ほどよさ」というのは当然のことで、実はこのハンドボールというのはコロナ禍においても歩みを止めず、「できることをできる範囲で」つづけてきた競技です。2021年1月に各国から代表チームを集めて世界選手権を開催しているということもそうですし、日本においてもハンドボールはコロナ禍に負けずリーグ戦を継続してきました。

プロ野球やJリーグのような屋外競技のプロリーグでも有観客試合に踏み切ったのは2020年7月10日からというなかで、日本ハンドボールリーグは2020年8月30日から関係者・家族ではない「観客」を入れた有観客試合を一部会場で開催しています。バスケットボール・Bリーグが有観客試合開催を発表したのが2020年8月25日(開幕10月2日)、バレーボール・Vリーグが有観客での開幕を迎えたのが10月17日というのを鑑みると非常に「攻めた」決断と言えるでしょう。

◆日本ではマイナースポーツも…

世界では人気競技であるハンドボールですが、日本ではマイナースポーツのひとつという立場。プロ野球やJリーグのような予算規模もメディアからのバックアップもありません。そんななかでも「この会場はリモートマッチで」「この会場は制限つき有観客で」と状況に応じた細やかな対応をしながら、なるべく多くの試合で有観客での開催をしよう、可能な限りできることを増やしていこうとしてきたのはとても前向きで、まさに「コロナ禍に立ち向かう」という姿勢でした。

選手たちが世界の舞台で大きな成果を残したことも、ファイナルの舞台がこうしたにぎわいのなかで迎えられたことも、前向きに「コロナ禍に立ち向かってきた」からこそではないのかなと思います。リスクを回避することだけを考えるなら「ハンドボールは無理にやんなくてもいいか……」となってしまうところを、自分たちのために、ファンのために、可能な限りやりつづけた。それが今このにぎわいにつながっているのだろうと思うのです。

日本一を決めるファイナルは、女子が北國銀行VSソニーセミコンダクタマニュファクチャリング、男子が豊田合成VSトヨタ車体という顔合わせに。女子は7連覇を目指す北國銀行が「圧倒」という内容。序盤こそソニーに勢いがあり一進一退の展開となりますが、北國銀行に複数の退場者が出た時間帯にもソニーは優位を築くことができなかったあたり、地力に差がありました。中盤以降は身長180センチという北國銀行の大型ピボット(PV)永田美香選手を中心にソニーを押し込み、北國銀行が着実に点差を広げていきます。終盤にはゴールキーパーを下げて全員攻撃を仕掛けるソニーに対して、ボールを奪った北國銀行が無人のゴールに追加点を叩き込む場面も。7連覇にふさわしい強さで北國銀行が日本一となりました。

男子は彗星ジャパンの一員でもある渡部仁選手が序盤に4連続得点をあげてトヨタ車体がリードを築き、前半終了間際にはこちらも彗星ジャパンのメンバーである吉野樹選手の連続得点を加えて、トヨタ車体が2点リードして折り返す展開に。しかし、初優勝を狙う豊田合成がリーグ戦1位の強さをじわじわと見せ始め、トヨタ車体を追い上げていきます。

後半に入ると、豊田合成のバラスケス選手の空を飛ぶような滞空時間からのゴールや、トヨタ車体のゴールキーパーが前に出ていた隙をついて決めたゴールなどで豊田合成が逆転。豊田合成はさらに、中央から豪快に決めた水町孝太郎選手のゴールや、攻守に渡ってトヨタ車体の前に立ちはだかった趙選手のゴールで試合を決定づけ、最終スコア28-24で豊田合成が勝利。初の日本一となりました。

◆粘り強いプレーは五輪本番でも輝く

ハンドボールでは高い跳躍から決めるジャンプシュートが大きな見せ場ですが、試合においては豪快なシュートばかりが飛び交うわけではありません。バレーやバスケではジャンプの頂点が主な勝負所となりますが、ハンドボールでは跳んでから地面に落ちるまでに長い駆け引きがあります。ジャンプの頂点でシュートを撃つように見せかけて撃たず、地面スレスレまで落ちてから放つようなシュートのほうが逆に効果的という場面も。

単純に真上に跳ぶのではなく、斜め方向に跳んで、高さと位置が動いていくどのタイミングでシュートを放つのか。そこまでにどんな動きでゴールキーパーと駆け引きをし、優位なタイミングを見つけ出すのか。滞空時間の全部を使って「粘っていく」ようなところに醍醐味があります。跳んだ直後がダメなら落ちるギリギリのタイミングで。最初に狙ったコースがダメならフェイントをかけて別のコースへ。それはまさにコロナ禍の乗り越え方のようなものです。一瞬一瞬変わる状況を見つめ、与えられた機会をフルに使って最善を尽くすような、派手なだけではないたくましさと粘り強さがあるプレーです。

自国開催の五輪という夢の舞台がきっとあるものと信じて、できることを積み重ねている日本ハンドボール界と選手たち。4月1日には五輪本番での対戦相手も決まりました。まだまだ情勢は予断を許しませんが、地面に落ちるギリギリまで粘って、コロナ禍のなかでも懸命につないできた選手たちの努力が、夢の舞台までつながるように祈ります。日本一を決める戦いが素晴らしいにぎわいのなかでできたのですから、世界一を決める戦いだってできる。本番と同じ場所で、決意を新たにするような観戦となりました。

―[今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ