玉木宏『桜の塔』女性への理不尽暴力に「ひでえ!」「このご時世に…」

まいじつ

玉木宏 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月15日より、玉木宏が主演のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)がスタート。玉木が広末涼子を勢いよく投げ飛ばすシーンがあり、視聴者の度肝を抜いていた。

玉木が演じるのは、幼少期のある出来事が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。警視総監になることが出世の近道と考えた彼は、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行。警視庁を舞台に、その頂点・警視総監を目指し巻き起こる、組織内のパワーゲームが描かれる。

第1話では、東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生。逃走した犯人を捜索する中、上條が犯人特定につながる有力な証拠を提示する。しかし上條の幼馴染で捜査一課の主任・水樹爽(広末)は、その証拠がでっち上げたものだと突き止める。

水樹は上條の胸ぐらをつかみ、警察官だった自身の父親のことを思い出すよう問いかける。しかし上條は「お前に何がわかる」と言うと、柔道技の〝大腰〟のように水樹をキレイに投げ飛ばすのだった。

玉木宏が広末涼子を投げ飛ばす!?


突然の女性に対する暴力、しかも異様にキレイな柔道技にネット上では

《ええええええええええええええ》
《ひでえ! セクハラ、パワハラや》
《このご時世になんてことを》
《さすがにそれはあかんやろ》
《なんか脈略なく唐突に玉木宏が広末涼子を大腰で投げたwww なんちゅうドラマやwww》
《いきなりコメディーwww こんなドラマ初めて見たw》
《これは男女平等の精神だな》
《この硬い床で投げ技はヤバイ》
《急に広末を投げたことしか記憶に残ってないw》

といったツッコミが殺到した。

「同作の脚本は、武藤将吾氏。『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)などで知られ、シリアスなシーンで唐突な謎シーンを挟み、空気を凍らせることを得意としています。今回の〝大腰〟は脚本に描かれていたのか、現場監督の演出だったのか…」(芸能記者)

何にせよ、視聴者にインパクトを与えることには成功したようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ