東京ドイツ村、ムチャに応えて“バラエティの聖地”に コロナ禍でロケ需要さらに高まる


●きっかけはとんねるずの「全落オープン」
東京ドームの約19倍という広大な敷地で、観覧車などのアトラクションやお花畑、動物とのふれあい、バーベキューまで楽しめるテーマパーク「東京ドイツ村」(千葉県袖ケ浦市)。落とし穴を掘ったり池に落下させたりと、バラエティ番組の派手な仕掛けに対応可能で、スタッフの間では“聖地”とも呼ばれているが、コロナ禍の今、ロケ地としての需要がさらに高まっているという。

なぜ、家族で楽しめるテーマパークがバラエティ番組と親和性が高いのか。東京ドイツ村の担当者と、常連のバラエティ番組スタッフに話を聞いた――。

○■落とし穴を“たくさん”掘らせてくれる唯一の場所

東京ドイツ村では、現在年間約10~20本程度のロケがあるそうだが、圧倒的にバラエティ番組が多いという。そのきっかけは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の落とし穴ドッキリ企画「全落オープン」だ。

2010年6月24日放送の第1回大会から、この東京ドイツ村を舞台に開催。園内の中心に位置する芝生広場に6カ所程度の落とし穴を仕掛け、芸人らが次々に落ちていく様子が1時間番組でまるまる放送されると、テレビ業界で「あそこ、掘っていいんだ」という認識が広まった。それまでは情報番組でお出かけスポットとして紹介されるロケが多かったが、バラエティ番組からのオファーが急増するようになったという。

テーマパークの広場に人が落ちる規模の大きな穴を掘るというのは、他の施設なら大抵NGだろう。しかし、東京ドイツ村の山尾隆一総支配人の「近所の方や来園者のお客様に迷惑をかけなければ」という判断で、柔軟に受け入れるようになった。

『みなさんのおかげでした』のディレクターだったフジテレビの中川将史氏は「演出のマッコイ斉藤氏が、落とし穴だけの大スペシャル(全落シリーズ)をやりたいとのことで、スタッフ総出で関東近郊で落とし穴を“たくさん”掘らせてくれる場所をリサーチした結果、唯一OKを頂いたのが東京ドイツ村さんでした」と振り返る。
○■総支配人が率先して穴掘り作業

実際に穴を掘るのは、なんと東京ドイツ村のスタッフ。「地中には水道管や電気配線等が通ってるので、それを把握している我々がやるんです」(東京ドイツ村 イベント・広報担当の古神子幸彦氏、記載なければ以下同)といい、初期の頃は総支配人自ら率先して穴を掘っていたという。

平均的なサイズは、縦横2m×3mに深さ2.5m程度。ユンボなどの重機を稼働し、作業人数にもよるが、朝9時から夕方5~6時頃までに穴掘りを完了させ、そこに、番組スタッフがクッションになるスポンジを敷き、穴を隠すフタを付けるなどして完成となる。

ロケが終わると、穴を埋めるのも東京ドイツ村のスタッフの仕事。何度も使用してきた『みなさん』のスタッフとは、「連携が取れているので、スムーズに作業できました」と、良好なチームワークが形成された。

落とし穴に落ちる「全落オープン」から、水に落下する「水落オープン」に企画が移行すると、今度はボートのある池が大活躍。「あそこには数十人は落ちてますね」と、東京ドイツ村で引き続きロケが行われていた。

中川氏は「かなりムチャな提案もしたのですが、むしろこちらが驚くくらい快く協力していただき、以後、全落シリーズは番組の名物企画として続いていくことになりました。感謝はもちろんですが、スタッフ一同、ドイツ村さんのことが大好きになってしまいました(笑)」と常連になった経緯を明かす。

●「ドイツ村」と聞くだけで疑うカンニング竹山

18年3月に『みなさん』が終了した後も、中川氏らが担当する『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』が、現在は常連に。落とし穴のほか、座ったイスごと池に発射されるドッキリや、とび箱を跳んだ先が池になっているドッキリが行われている。

『ドッキリGP』で演出を務める中川氏は「ドイツ村さんの懐の深さもありますが、おそらく旧『みなさん』スタッフと、ドイツ村さんとの間に信頼関係みたいなものができ上がっていて、何かあったらとりあえず相談してみる…という感じです」と頼れる存在に。

ただ、中川氏によると「ドイツ村でドッキリに何度もかけられた方の中には、その名前を聞くだけで若干身構えるそうですね。『…何かあるんじゃないか?』っていう(笑)。特に、ドイツ村の池に3回落ちているカンニング竹山さんなんかは、もう『ドイツ村でまともなロケなんかやるわけねえ』って思っているらしいです(笑)。それだけ、ドッキリの常連さんの中には、“ドイツ村=バラエティ”のイメージが定着しているのかもしれません(笑)」と、芸人たちの間で怪しまれるスポットになっているようだ。

○■CM効果は数億円単位に

落とし穴ドッキリの事例は、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)や、YouTuberの撮影でもあるそう。さらに、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(テレビ東京)では世界一の犬小屋「ドッグキャッスル」を建設し、足掛け2カ月という大プロジェクトで、そのまま園内の施設として活用されている。

最近では、『ヒルナンデス!』(日本テレビ)で、Hey! Say! JUMPの有岡大貴がお花畑を作るプロジェクトを行い、『オールスター感謝祭』(TBS)では「赤坂五丁目ミニマラソン」の代替開催地に選ばれ、有名人たちが幻想的なイルミネーションの中を疾走した。

高速道路が空いていれば東京から1時間もかからないほど近く、広大な敷地で、運営側が柔軟に対応してくれるという好条件がそろい、一躍“バラエティの聖地”に。コロナ禍で一時的にロケは減ったものの、「屋外で土地が広いので密にならず、遠方でもないので、選ばれているようです」と、最近は復調傾向にあるそうだ。

コロナ前は、毎回放送後に来園者が大きく伸び、「CMを打っていただいているようなものなので、換算すると数億円単位の露出になっていると思います」と、大きなメリットになっている。

●「ドイツ」をテーマにした理由は…
こうしたバラエティ番組のロケや、千葉県にあっても「東京」を名乗ることでも注目を集める東京ドイツ村は、今年3月で開園20周年を迎えた。その土地は当初、ゴルフ場として開発される予定だったが、現在の運営会社である明和興産が買い取り、テーマパーク建設に変更。「ドイツ」をテーマにしたのは、「亡くなった会長がドイツ旅行に行ったときに見た風景が、この場所とよく似ていたからだと聞いています」とのことだ。

開園当初3~4年は「乗り物系も観覧車やおもしろ自転車くらいしかなく、お花もあまり咲いていなくて、経営は厳しかったんです」というが、5年目に始めた「ウィンターイルミネーション」が転機に。その後規模を拡大して2012年にはあしかがフラワーパーク(栃木県)、湘南の宝石(神奈川県)とともに関東三大イルミネーションに数えられ、東京湾アクアラインの大幅値下げが、さらなる来園者増加の後押しになった。

現在園内は40万輪あるポピーの花が、5月中旬まで見頃に。また、来年2月まで20周年を記念して様々な施策を行っていく計画で、現在は“東京ドイツ村と私”をテーマに思い出写真を募集する「フォトシェアリング」という、家でも楽しめる企画を実施している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ