カルトSFアニメ『ファンタスティック・プラネット』予告公開 湯浅政明&みうらじゅん絶賛コメントも

クランクイン!

 SFアニメーション映画『ファンタスティック・プラネット』(1973)が、初のデジタルシネマパッケージ(DCP)で5月28日より全国順次公開されることが決定。併せて新ビジュアルと新予告編が解禁され、アニメ監督の湯浅政明氏とイラストレーターのみうらじゅん氏から推薦コメントも到着した。

本作は、フレンチSFのパイオニアであるステファン・ウルの原作『Oms en Serie』をもとに、ブラックユーモアあふれる幻想的な画風のアーティスト、ローラン・トポールが4年の歳月をかけて原画デッサンを描き、<切り絵アニメーション>という手法で鬼才ルネ・ラルーによって1973年に映画化された。音楽はジャズピアニストとして名高いアラン・ゴラゲールが手掛け、そのロック・サウンドが映像に一層サイケデリックな印象を与えている。

舞台は地球ではないどこかの惑星。真っ青な肌に赤い目をした巨人ドラーグ族と、彼らに虫けらのように虐げられる人類オム族の、種の存続をかけた決死の闘いを描く。ある日、ドラーグ人の知事の娘ティバは、ドラーグ人の子どもたちにいじめられ母を亡くしたオム族の赤ん坊を拾い、テールと名付けペットとして飼うことになるが…。

その独創的でファンタジックな世界観で、アニメーション作品として史上初めて第26回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。イタリアのトリエステSF国際映画祭では特別賞、米国のアトランタ映画祭ではアニメーション映画のグランプリ、テヘラン児童映画祭では大賞を受賞するなど、世界中で高い評価を得た。日本でも1985年の劇場初公開以来カルト的な人気を誇り、2020年12月に東京・渋谷で行われた1週間限定上映でも満席回が続出。作品誕生からまもなく半世紀を迎える今なお、新たなファンを獲得し続けている。

アニメ監督の湯浅政明氏は、「ボスやシュルレアリスムにも通じる、並ぶもののない、シュールで独創的な世界」と評し、イラストレーター等で活躍するみうらじゅん氏も「その存在は当然、存じておりましたが、こんなに面白い作品だったとは!」と絶賛している。

新ビジュアルは、真っ青な肌で赤い目をした巨人ドラーグ族の少女・ティバがオム族のテールを手のひらに乗せ見つめあう絵を大きく起用。予告編では、ドラーグ族とオム族が対立するシーンが切り取られ、ラストは湯浅監督のコメントで締めくくられている。

なお、4月16日から4月30日まで渋谷HUMAXシネマ劇場窓口にて、フランス本国公認デザインのオリジナルTシャツ付き特別鑑賞券が6300円で販売されている(300着限定)。上映期間中はオリジナルステッカー付ドリンクの販売も予定されている。

アニメ映画『ファンタスティック・プラネット』は、5月28日より全国順次公開。

湯浅政明監督、みうらじゅんのコメント全文は以下の通り。

■湯浅政明監督
ボスやシュルレアリスムにも通じる、並ぶもののない、シュールで独創的な世界。そこで起こる対立・闘争・変化の渦へ我々は投げ込まれる。人間も家族も社会も出てくるが、物質、特徴、習慣、精神世界もこことは大きく違う。簡単な答えはない。生き延びるには、ひたすら起こる出来事からそれを探り続けてゆくしかない。それは我々にも必要な力、想像力だ。

■みうらじゅん
その存在は当然、存じておりましたが、こんなに面白い作品だったとは! 今では実写とも引けを取らない数々のアニメ作品。いや、むしろアニメの方がよりリアルにその世界観が伝わるのかも知れません。しかし、この‘73年制作の『ファンタスティック・プラネット』は、敢えて初期アニメの作り方を踏襲し、リアルよりも空想の凄さに重きが置かれています。出てくるシュールなマシーンやクリーチャー。それにストーリー自体がブッ飛んでいますが、現代に於いては決して空想で片付けられない予言的メッセージも感じます。百聞は一見に如かず。あなたも『ファンタスティック・プラネット』を、この機会に是非、一度体験されてみては如何でしょう。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ