『呪術廻戦』最終話はまさかの… 東京ホテイソンたけるが1巻だけで考察

fumumu

呪術廻戦(『呪術廻戦』1巻(C) 芥見下々/集英社)
14日、人気お笑いコンビ「東京ホテイソン」が自身のYouTubeチャンネル(登録者数4.8万人)を更新。たけるさんが『呪術廻戦』を1巻しか読まずにその後の展開や結末を考察。

意外にありそうな、鋭い考察が話題になっています。

■1巻だけで『呪術廻戦』を考察


王道漫画をほとんど読んだことがないたけるさんが、1巻だけを読んでその作品を考察するこの企画。前回の『進撃の巨人』回では「これはスゴいことになります。関係ない話まで入ってくる。巨人とかが出てこない巻もあります」「結局、進撃の巨人を牛耳ってるのは誰だ、みたいな話になってくる」と述べ、『進撃』ファンから反響が集まっていました。

今回の『呪術廻戦』では漫画1巻に加え、アニメで7~8話まで見たものの、主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)を「とらたけ」と呼ぶなど、初心者なのは間違いないようです。

関連記事:

■悠仁は宿儺の子孫?


「面白い」「類を見ない漫画」と作品への感想を述べつつ、「敵がキモい」「覚えることが多い」「『進撃』と比べると伏線が少なく、一個一個の戦いで魅せていく漫画」と特徴を指摘するたけるさん。

しかし、伏線が少ないなかでも「(身体能力が異様に高い)虎杖悠仁は何者?」「虎杖悠仁が両面宿儺の指を取り込んだのに死ななかったのはなぜか?」という、重大な疑問点が浮上するとコメント。このふたつが相まって、「虎杖悠仁は宿儺の子孫」だと推察します。

■「大勢に囲まれて死ね」の意味とは?


また、たけるさんは作中で亡くなる祖父も、同じく宿儺の子孫であると予想。1巻だけで8回も「人を助けろ」と祖父が言ったのは、この言葉を読者に深く染み込ませるためであり、宿儺が悠仁の体を使って現れたときにおでこに浮かぶマークが、祖父の眉毛と酷似していると述べます。

そして、本作は原作が23巻で終了、最終的に悠仁が死亡すると予想します。その理由は、宿儺を取り込むうちに究極完全体の宿儺になってしまい、今までに出会った仲間たちと戦って敗北した結果…というもの。

色んな人に囲まれて死ぬことになり、おじいちゃんが発した「大勢に囲まれて死ね」という言葉の通りになるそうです。

■「熱量がスゴい」「いい線では」


今回の動画に対し、コメント欄には「全然漫画読まない人とは思えない熱量で今回もヤバ」「1巻しか読んでないのに毎回割といい線いってるの草」「数年後呪術廻戦が完結したらこの動画爆伸びしそう」「たけるの熱量凄すぎてただの予想なはずなのにすんなり納得してしまっている自分がいる」などの声が寄せられることに。

原作は既刊15巻と、まだしばらくは続きそうな『呪術廻戦』。果たして、たけるさんの考察は当たっているのでしょうか?

★東京ホテイソンの動画はこちら

・合わせて読みたい→マンガ本の表紙をSNSに載せたら…著作権の侵害になる?

(文/fumumu編集部・柊青葉)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ