【徹底比較】町に売ってる「缶コーヒー」19本を飲み比べてみた結果


●ボス商品を紹介
休憩時間の相棒であり、残業時間の強い味方でもある「缶コーヒー」。ミニマムなサイズ感は持ち歩きにもぴったりで、働く社会人であれば飲んだことがない人を探すほうが難しい定番商品だ。軽く調べただけで50を越える商品が販売されているのだが、味の違いってどのくらいあるのだろうか。

そんな疑問を回収するべく、コンビニ3店舗と自販機数台をめぐって19種の缶コーヒーをゲットし、早速飲み比べてみた。

19種の缶コーヒーを飲み比べ、特徴は?

今回のエントリーは全部で19品。『サントリー ボス』6品、『キリン ファイア』5品、『日本コカ・コーラ ジョージア』2品、『アサヒ ワンダ』2品、『UCC上島珈琲』1品、『日本サンガリアベバレッジカンパニー』1品、『キリン 午後の紅茶』1品だ。

いざ実飲!

今回の検証は、スーパーの試食などで使われている小さな紙コップを用いて、ひとくちずつ味わっていくスタイルを採用。また、比較の精度を上げるべく、マイナビニュース編集部3名で飲み比べを実施。どのような違いがあるかを「すっきり」「甘さ」「苦み」「コク」「香り」と、5つの項目をチェックした。結果はあくまで3名の主観となるが、みなさんのコーヒー選びの参考になれば幸いだ。

■サントリー ボス

サントリーが展開する「ボス」は、パイプを加えた渋い男性が印象的な缶コーヒーブランド。本企画で最も商品数が多かったのがこちら。
【01】ボス 無糖ブラック

商品名: ボス 無糖ブラック
内容量: 185g

原材料 :コーヒー(コーヒー豆 ブラジル、エチオピア、その他)
エネルギー :0kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :☆☆☆☆☆
  苦み :★★★★★
  コク :★★★☆☆
  香り :★★★★☆

「ボス 無糖ブラック」は『サントリー ボス』が販売している無糖のブラックコーヒー。コクと香りを感じる、クセのない仕上がりが特徴的な1本だ。すっきりとした仕上がりで飲みやすく、ブラック初心者が手を出すには最適な印象。今回登場する3つのブラックコーヒーのなかでは丁度中間に位置するさっぱり加減で、王道感のある1本。
【02】ボス ザ・エスプレッソ 微糖

商品名: ボス ザ・エスプレッソ 微糖
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン/カゼインNa、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー :19kcal(100gあたり)

すっきり :★★☆☆☆
  甘さ :★★☆☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★☆☆☆
  香り :★★☆☆☆

「ボス ザ・エスプレッソ 微糖」は、全国のファミリーマート限定で販売されている微糖缶コーヒー。後味にふわっと苦みが残るものの、"エスプレッソ"という割には甘さが目立つ印象だ。苦みは強すぎない、意外とマイルドな仕上がりになっている。
【03】ボス 贅沢微糖

商品名: ボス 贅沢微糖
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー :20kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★☆☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

同じく『サントリー ボス』から販売されている微糖缶コーヒーのひとつがこちら。「ボス ザ・エスプレッソ 微糖」と比べると、すっきりとした爽やかなコクがプラスされている。後味に苦みを感じやすく、甘党には少々ハイレベルかもしれない。
【04】ボス レインボーマウンテンブレンド

商品名: ボス レインボーマウンテンブレンド
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
エネルギー :35kcal(100gあたり)

すっきり :★★★★☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★★★☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

こちらも『サントリー ボス』の缶コーヒー。「缶コーヒーといえばこれ! 」といったような感じで、苦みとともにくる甘さが結構強めな仕上がりとなっている。とはいえ後味には爽やかなコーヒーのコクを感じられるので、ミルク感・コーヒー感をどちらもバランスよく味わいたい人にはこちらがおすすめだ。
【05】ボス コーヒーファーム オリジナルブレンド

商品名: ボス コーヒーファーム オリジナルブレンド
内容量: 185g

原材料 :砂糖、牛乳、コーヒー(ヴィトリア農園豆60%)、脱脂粉乳、全紛乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、安定剤(セルロース)
エネルギー :34kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★☆☆☆☆
  コク :★★★★☆
  香り :★★★☆☆

「ボス コーヒーファーム オリジナルブレンド」は、他の商品よりも苦みが少ない仕上がりになっている。口に含んだ瞬間から甘みがある、まろやかな口当たりが特徴だ。苦みは強くないもののコーヒーのコク深さは感じられるので、苦みよりも風味と甘さを求める人はこちらをチョイスしよう。
【06】ボス カフェオレ

商品名: ボス カフェオレ
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、全粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
エネルギー :44kcal (100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :★☆☆☆☆
  コク :★★★★☆
  香り :★★★☆☆

「ボス カフェオレ」は北海道産生クリームと牛乳、深煎りコーヒーが使用された缶カフェオレ。ミルク感がかなり強く、クリーミーな優しい甘さを堪能できる1本。甘さゆえのねっとり感などは1ミリもなく、ミルク本来の甘さを感じる美味しい仕上がりに脱帽。

●ダイドーブレンド・ファイア商品を紹介
■ダイドードリンコ ダイドーブレンド

「ダイドーブレンド」は、ダイドードリンコが販売している缶コーヒーブランド。こちらからは、コーヒー豆を入れる麻袋を模したパッケージが特徴的な1本がエントリー。
【07】ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒー オリジナル

商品名: ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒー オリジナル
内容量: 185g

原材料 :牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳/乳化剤
エネルギー :36kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :★★☆☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

これまで紹介してきた商品と比較してみると、特に甘さが目立つ商品となっている。後味までしっかりと甘さが残るので、残業続きの疲れた身体に糖分の摂取を名目に、がぶっといきたい1本だ。コーヒーのコクを包み込むようなマイルドな仕上がりは丁度よく、万人に愛されそうなバランサータイプだ。
■キリン ファイア

続いて紹介するのは、キリンが販売している缶コーヒーブランド『ファイア』。「直火焙煎」が特徴で、パッケージには品名にちなんだ炎のマークが描かれている。自動販売機限定商品を含む、全5本がエントリー。
【08】キリン ファイア ブラック

商品名: キリン ファイア ブラック
内容量: 185g

原材料 :コーヒー、香料
エネルギー :0kcal(100gあたり)

すっきり :★★★★☆
  甘さ :☆☆☆☆☆
  苦み :★★★★☆
  コク :★★★★☆
  香り :★★★★☆

「キリン ファイア ブラック」は、無糖のブラック缶コーヒー。今回飲んだブラックコーヒーで比べると、特に豆の香りを感じられる仕上がりだ。とろみやコク、苦みについてもインパクトのあるので、コク深いブラックコーヒーが好きな人は、同商品一択かもしれない。
【09】キリン ファイア 冴えわたるキリマン

商品名: キリン ファイア 冴えわたるキリマン
内容量: 185g

原材料 :牛乳(生乳(国産))、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤
エネルギー :28kcal(100gあたり)

すっきり :★★☆☆☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

「キリン ファイア 冴えわたるキリマン」は、『キリン ファイア』の缶コーヒー。口に含むとまず訪れるのは「甘さ」。そして続いてくるのは、思いのほかすっきりとした甘苦い風味。「冴えわたる」という文言の印象から苦みが強いキリっとした味わいなのかと思いきや、甘さとすっきりしたコクが印象的な1本だ。
【10】キリン ファイア 挽きたて微糖

商品名: キリン ファイア 挽きたて微糖
内容量: 185g

原材料 :牛乳(生乳(国産))、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
エネルギー :15kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★★★☆

こちらも『キリン ファイア』の微糖の缶コーヒーだが、先ほどの商品と大きく異なるのは「香り」。パッケージにも書いてあるように、「直火の香ばしさ」が特徴的な1本で、飲み心地もすっきりしていてぐびぐびと飲めてしまう仕上がりだ。
【11】キリン ファイア 贅沢デミタス

商品名: キリン ファイア 贅沢デミタス
内容量: 165g

原材料 :牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー :32kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

「キリン ファイア 贅沢デミタス」は、自動販売機限定で販売されているデミタスコーヒー。はじめの口当たりはほろ苦いのだが、最後の後味には苦みが覆いかぶさってくるようん感覚となっている。

「ボス レインボーマウンテンブレンド」と味わいが近く、後味を甘いまろやかさに変換したような感じだ。すっきりしているのに甘い、といったような感じである。
【12】キリン ファイア 贅沢カフェオレ

商品名: キリン ファイア 贅沢カフェオレ
内容量: 185g

原材料 :牛乳(生乳(国産))、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン、クリーム/乳化剤、香料
エネルギー :39kcal(100gあたり)

すっきり :★☆☆☆☆
  甘さ :★★★★★
  苦み :★☆☆☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

「キリン ファイア 贅沢カフェオレ」は缶カフェオレ。とにかく甘い!!! ミルク感はもちろんだが、それ以上にも甘さを感じるような仕上がりだ。BOSSのカフェオレと比較してもよりマイルドな印象。これは冬の夜にホットで味わいたい、身体の芯から温めてくれそうな味わいだ。

●ジョージア・日本サンガリアベバレッジカンパニー・UCC上島珈琲商品を紹介
■日本コカ・コーラ ジョージア

『ジョージア』は、日本コカ・コーラの缶コーヒーブランド。「エメマン」でおなじみな「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」のパッケージに描かれている山は特定の山を描いているのではなく、どこかにありそうな山をイメージして描いているのだとか。

※参照 : 日本コカ・コーラ よくある質問
【13】ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

商品名: ジョージア エメラルドマウンテンブレンド
内容量: 185g

原材料 :牛乳、コーヒー、砂糖、香料、カゼインNa、乳化剤
エネルギー :35kcal(100gあたり)

すっきり :★★☆☆☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

「ジョージア エメラルドマウンテンブレンドブレンド」は、ミルク入り缶コーヒー。

こちらの1本は飲みなれ感のある、濃厚な甘さとコクのある商品。キリリとした味わいというよりも甘さとコーヒーのコクを重視しているような印象で、BOSSのレインボーマウンテンと好みが二択に別れそうな味わいだ。苦すぎない缶コーヒーがお好みの方にハマる1本。

尚、今回購入した同商品は、12月28日より販売していた『機動戦士ガンダム』とのコラボデザイン。※現在は販売終了している
【14】ジョージア オリジナル

商品名: ジョージア オリジナル
内容量: 250g

原材料 :砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、香料、乳化剤
エネルギー :34kcal(100gあたり)

すっきり :★☆☆☆☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :★★☆☆☆
  コク :★★★★☆
  香り :★★★☆☆

「ジョージア オリジナル」は、とろみのある甘さが特徴的な缶コーヒー。今回飲んだ商品のなかでは、カフェオレ商品に次いで甘み深い、コーヒー牛乳を想起させる1本だった。チョコレートやカカオを感じさせるマイルドさもあわせ持つ、おやつ感覚で楽しめるミルキーな味わいだ。
■日本サンガリアベバレッジカンパニー

続いては日本サンガリアベバレッジカンパニーが販売する缶コーヒーブランドから1本が参戦。
【15】備長炭焙煎珈琲

商品名: 備長炭焙煎珈琲
内容量: 185g

原材料 :コーヒー(国内製造)、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、ココナッツオイル、デキストリン/乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー :18kcal(100gあたり)

すっきり :★★★★☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★☆☆☆
  コク :★★☆☆☆
  香り :★★★☆☆

「備長炭焙煎珈琲」は、他の缶コーヒーとは全く異なる独特な香りが特徴的な1本。ロースト感のある香ばしい風味にコーヒーのコクが続く、その名の通り「備長炭」をバッチリ感じられる1本。普通のコーヒーだと思って飲むといい意味で裏切ってくるかと思うので、ぜひ一度は試してみてほしい。
■UCC上島珈琲

世界初の缶コーヒー「UCC ミルクコーヒー」を販売しているというUCC上島珈琲からは、ブラックコーヒーがエントリー。
【16】BLACK無糖 缶

商品名: BLACK無糖 缶
内容量: 185g

原材料 :コーヒー
エネルギー :0kcal(100gあたり)

すっきり :★★★★☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★☆☆☆☆
  香り :★★★☆☆

「BLACK無糖 缶」は、今回比較したブラックコーヒーのなかで最も軽い飲み口が軽い1本。全体的にあっさりとした、ゴクゴクいけてしまう仕上がりになっている。コク深いブラックコーヒーよりもすっきりとしたものを好む人は、こちらを選ぶべきだ。

●ワンダ・午後の紅茶商品を紹介
■アサヒ ワンダ

『ワンダ』は、アサヒが販売している缶コーヒーブランド。モーニングショットの赤色をみると、AKB48のメンバーの顔が浮かぶという人も多いのではないだろうか。

【17】「ワンダ」金の微糖

商品名: 「ワンダ」金の微糖
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン/乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
エネルギー :19kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★☆☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★★☆☆

「『ワンダ』金の微糖」は、一口目に来るミルクの甘さに続き、後からコーヒーの苦みがやってくる口当たりが絶妙な1本。最近苦いコーヒーもたしなめるようになってきた……というような人にはぴったりの、丁度よいバランスの取れた缶コーヒーだ。
【18】「ワンダ」モーニングショット

商品名: 「ワンダ」モーニングショット
内容量: 185g

原材料 :牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
エネルギー :34kcal(100gあたり)

すっきり :★★★☆☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :★★★☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★☆☆☆

「『ワンダ』モーニングショット」は、あっさりしたフレッシュな甘さと苦みを堪能できる1本。商品名の通り、朝ガッと1本キメてから出社したい気持ちになるからあら不思議だ。

一飲すると苦みを強く感じるのだが、途中から鼻から抜ける後味にかけてはミルクが駆けめぐってくる。甘さ・苦みのバランスがよく王道系といった感じだ。

■キリン 午後の紅茶

そして最後に紹介するのがキリンが販売している『午後の紅茶シリーズ』が1本。「エスプレッソ」「微糖」の文言にやられた。これは"ティー"だ。
【19】キリン 午後の紅茶 エスプレッソティー微糖

商品名: キリン 午後の紅茶 エスプレッソティー微糖
内容量: 185g

原材料 :牛乳(生乳(国産))、紅茶(ウバ80%)、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、グルコン酸Na
エネルギー :17kcal(100gあたり)

すっきり :★★★★☆
  甘さ :★★★★☆
  苦み :☆☆☆☆☆
  コク :★★★☆☆
  香り :★★★★★

口元に近づけてみると、コーヒーとは異なる香り立ちに驚かされる。缶コーヒーも香りはあれど、比にならないほどに感じられる茶葉の香りに圧倒される。
飲み口は軽く、全体的にあっさりと仕上げられている。ペットボトルなどで売られている午後の紅茶を濃縮し、缶に閉じ込めたような1本だ。

爽やかな甘さが絶妙で、朝一にモーニングショットを決め込んでから昼のブレイクタイムに午後の紅茶でほっとひと息つきたい気持ちに襲われた。
最後に

19本の缶コーヒーを飲み続けていると、途中から目がバキバキになり夜も眠れなくなったりするのだが(1日寝たら治ったのでカフェイン中毒ではない、多分)、繊細な味わいの違いに気づき、開発者さんたちの努力を体感できた。

とはいえこれはあくまでも当編集部3名の意見を持ち寄った結果。なのでぜひ、気になる商品を購入して比較してみてほしい。

価格については、自動販売機やコンビニ、スーパーと購入先によって異なるため、近場のお店をチェックしよう。意外と味の違いがはっきりしている缶コーヒー。それぞれ飲み比べて自分好みの味を見つけてみてはいかがだろうか?

まるいさん まるいさん 武蔵野美術大学卒 web業界 編集/ライターの24歳、カラアゲニスト。 食レポ・イベント取材・インタビュー取材等を行っています。 写真はミラーレスとiPhone XSで撮影、noteのイラストは全自作。 趣味は 漫画/アニメ/美術館めぐり/絵描き 等
▼リンクまとめ
note:まるいさんちのおもちゃ箱 Twitter:@marUeee_net Instagram:@marueee_net この著者の記事一覧はこちら

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ