中村悠一・神尾晋一郎、『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』出演 鈴木央描き下ろしポスター&本予告が公開

SPICE


中村悠一・神尾晋一郎が、『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』に出演することが分かった。原作者・鈴木央渾身の描き下ろし本ポスタービジュアルと本予告も到着。最後の物語〈フィナーレ〉をさらに盛り上げる主題歌は、ポルノグラフィティ・岡野昭仁が担当する。

剣を握るメリオダスの横にはゼルドリスの姿も


『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』本予告

本予告には、2代目妖精王のダリア(CV:中村悠一)と巨人族の名工ダブズ(CV:神尾晋一郎)の圧倒的なパワーの前に苦戦を強いられるメリオダスたちの姿が収められている。絶望の中、メリオダスが発した「俺たちは1人じゃねぇ」の言葉と共に反撃に出る〈七つの大罪〉とエリザベスたち。そして、剣を握るメリオダスの横には、〈十戒〉の1人、メリオダスの弟であるゼルドリスの姿が。

まだ誰も見たことのない激闘の行方に目が離せない、最終決戦の熱気が伝わる予告映像に仕上がっている。

鈴木央 描き下ろしビジュアル

(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

今作には、原作でも名だけで姿が描かれることのなかった2代目妖精王のダリアと巨人族の名工ダブズが、“強敵”としてついに登場する。鈴木央 描き下ろしのポスターにも、圧倒的存在感を放つダリアとダブズが挑戦的な表情でメリオダスらの前に立ちはだかる姿が描かれており、最終決戦の熾烈さを物語っている。

主題歌は、ポルノグラフィティ・岡野昭仁


TVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第1クールのオープニングテーマに引き続き、今回の劇場版も、自身が掲げる ”歌を抱えて、歩いていく“ プロジェクトの一貫として主題歌を担当。『七つの大罪』のフィナーレを飾るにふさわしい爽やかかつエモーショナルな1曲に仕上がっている。


【コメント】岡野昭仁(ポルノグラフィティ)


TVアニメ版に続き、劇場版でも携わることができ大変光栄です。今作は「七つの大罪」の集大成、完全オリジナルストーリーということで、いち視聴者としても非常に楽しみにしております。「その先の光へ」という楽曲が、今作に寄り添う曲になっていれば嬉しく思います。

プレゼント付きムビチケ前売り券は、4月16日(金)発売開始。特典として、〈七つの大罪〉が大集結の“大罪キャラ缶バッヂ”9個セット、彼らのイメージカラー七色を集めたボールペン“七つの円珠筆“のどちらか1つがプレゼントされる(数量限定)。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ