高校生と小学生、年の差BLをご紹介!めぐるましい葛藤&戸惑い、キュンを兼ね揃えた物語に読者の感情は大忙し!

高校生と小学生、歳の差が気になる2人のお話ですの。

「あなた、BLってご存知?」

「BLに興味はあるけど読んだことない……!」

「BL好き!もっと他にも読んでみたあああい!」

そんなニーズにトンチキハッピー作家のキシダチカが答えます!

はてさて、今回オススメする作品は……?

高校生と小学生の迷えるときめき漫画がございましてね?

なるみ:こないだ教えてもらった『Loved Circus(ラブド サーカス)』すごかったなあ~。映画の世界にトリップしたみたいで読み終わってもなかなか現実に戻れないよ……はあ……。

キシダ:なるみちゃ~ん!戻っておいで~!!

なるみ:はあ~……。

キシダ:おすすめのBL漫画あるからはよ戻っておいで~~~!

なるみ:なに!?お願いします!

キシダ:今回紹介するのはこちら!雁須磨子(かりすまこ)先生『猫が箱の中』です!

なるみ:表紙に猫ちゃんがいる!かわいい~!あらすじ教えてちょうだい!

キシダ:いくで~!

少し気弱な高校生・松井 和雄は学校へ行く途中、捨て猫が数匹入った段ボールを見つけ突然のことに驚いていると、何かにぶつかってしまいます。それが無愛想でとっつきにくいオーラを放った小学生・北原 信光くんとの出会いでした。

おどおどしつつ北原くんに話しかけてみると返ってきたのは「すぐ死ぬぜ。ちっちゃいのから先に死ぬ。」という子どもらしからぬ残酷な言葉だった……!

ある日、北原くんの言葉が脳裏から離れず捨て猫を飼う決心をし、義父に了解を得た和雄は公園に行くと捨て猫が入っていた箱の中は空っぽ。しかし、そこに居合わせた北原くんから猫が入ったランドセルを託されてしまいます。

1匹の猫が縁となり、家に遊びに来てくれるようになった北原くん。しかし、徐々に懐いてくれる北原くんに対して和雄はときめいてしまう!この気持ちって何なの!?恋なの?好意なの?2人の関係はどうなってしまうのか!?

という、17歳の和雄11歳の北原くんの悩めるときめきBL漫画でございます~!

なるみ:ちょっと待った!和雄も17歳で子どもだけど、北原くん小学生!?今までいろんなBLを受け入れてきたけど小学生はダメだよ!!!

キシダ:そう言うと思ってたで!でもこの作品は安心して読んでほしいねん!

なるみ:ど、どゆこと~!?

葛藤&戸惑い&合間のキュンに大忙しですの。

 

キシダ:もちろん倫理的にアウトな作品なら私もここまで推してません!

『猫が箱の中』は、高校生と小学生の恋愛がメインの話ちゃうねん!

ぼんやりとした和雄が北原くんに出会い、キュンとしてしまう相手が6つも年下の小学生男子で!?「いやいやダメでしょ!」という自己嫌悪、今までじっくり考えたことがなかったけど自分の恋愛対象って異性なの?同性なの?どうなってるの~!?……という、1匹の猫がきっかけで突然自分と向き合うことになった和雄のめぐるましい葛藤&戸惑い、合間にキュン要素もあって読者の感情は大忙しやねん!

なるみ:なるほどなぁ……。確かに高校生が小学生にドキドキしてしまった……。しかも同性である男の子……!お、俺は一体……!?という葛藤はすごそう。

キシダ:せやねん!相手が小学生という点に危うさを感じるかもしれん。けどな、雁須磨子先生のクスっとなる描写と心地よいテンポで描かれたじんわり笑える不思議なBLなんです!!!

なるみ:ふい~!小学生って聞いた時はダメでしょって思ったけど、なんだかこの作品気になってきたぞ~!!

キシダ:せやろ!?またぐるぐるしてる和雄の描写が上手いねん!

主人公の葛藤に読者の私たちもハラハラ・ドキドキさせられますわよ。

キシダ:ほんでな、和雄はどうにかして無愛想な北原くんと仲良くなりたくて、何かと自分をかまってくる朝尾先輩に相談したり同級生のマイケル(めちゃくちゃデカイ)に相談したりして少しずつ距離を縮めていくんです!

なるみ:ん!?ねえ?さっきも出てたけど朝尾先輩って?

キシダ:実は朝尾先輩、前から和雄のことが好きなんです!!!

なるみ:えええええええ~!!?

キシダ:相談に乗りながらも悩んでる和雄の心の隙間に入り込んで着実に距離を詰めていくんよ……!

なるみ:つ、つまりは……!さ、三角関係ってこと~!?

キシダ:なの……か……!?というのも、和雄は朝尾先輩の独特なペースにズルズルと流されて受け入れんねん。朝尾先輩がまた美形で不思議ちゃんでいいキャラしてるんですわ!

なるみ:いいキャラしてるかどうかは知らないけど和雄、あっさり受け入れすぎでは……!?いいのか、それで~!?

キシダ:それが優柔不断な和雄らしさでもあるんや……!

でもな、北原くんのことを知れば知るほど子どもやのにちょっと大人びてて、優しくて。そんな北原くんにやっぱり惹かれてまうねん。

和雄といる時に小学校の友達から遊びに誘われても「行ったら和雄が寂しいじゃん」って当然のように言ってくれてな!北原くんが言うストレートな言葉刺さりまくるんよ~。

なるみ:くっ……!小学生だとは思えないセリフだなぁ、北原くん……!最初の印象が無愛想ってのもだけど、年下にそんなこと言われたらときめいてもしょうがないのかもしれない……!

キシダ:お!なるみちゃんギャップ萌えを覚えてきたね!せやから和雄の頭の片隅には常に北原くんがいて。でも子どもやから距離置かなあかん!っていう葛藤もあって!

読んでるこっちも最後の方まで「和雄の気持ちは先輩と北原くんどっちに向かうんや!?」って分からへんねん!

なるみ:それぐらい和雄の悩む姿に読み手側の私らもハラハラドキドキして知らない間に感情移入してしまうんだね……!

この作品の醍醐味は、実は表紙に描かれておりましね?

キシダ:そう!!!ほんでな、もう一度表紙を見てもらいたいんやけど。

なるみ:なになに?

キシダ:表紙の一番右におる子見て。

なるみ:和雄と同じブレザーを着たイケメンがいるね。

キシダ:彼、北原くんです。

なるみ:……!

キシダ:これがね~『猫が箱の中』の醍醐味といいますか、北原くんの成長後の姿も見せてくれるんですよ!!!

なるみ:待って。今までに感じたことのないときめきに動揺してる。

キシダ:もちろん本編にも成長後の北原くん出てきます。やばいで。北原くんは期待を裏切らん。

なるみ:よ、読みてえ~~~!!!

キシダ:悩める思春期ボーイ和雄と男前小学生の北原くん、そして朝尾先輩との関係はどうなるのか…!?ぜひ読んで確かめてください!

なるみ:買いま~す!!!

 

『猫が箱の中』が気になった人はコチラから!

WRITER

  • キシダチカ
  •        

  • 派手なものとBLを愛する奈良県民。ライターの他、トンチキハッピーな作品を作ったりイラストを描いてます。ヤンキーキャラは受けにしがち。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ