クドカン&のん再タッグにファン歓喜 新作舞台が「ぶっ飛んでいてびっくり」

fumumu

『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』(マジロックペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』ビジュアル)
女優ののんさんが、自身の公式ツイッターを更新。宮藤官九郎さんが手掛ける新作舞台『大パルコ人(4)マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」』(PARCO劇場)に出演することを明かし、ファンを喜ばせています。

■『あまちゃん』以来8年ぶりのタッグ


2013年に放送された朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK系)以来、約8年ぶりにタッグを組むこととなった、宮藤さんとのんさん。

同作は、大人計画とパルコが共同プロデュースする、 宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラシリーズの第4弾で、今年の8月から9月にかけて東京・PARCO劇場ほかで上演されるとのことです。

2055年の渋谷を舞台に、特殊な能力と共通の悩みを持つ浮浪児たちが出会い、やがて「世界を救う」という壮大なテーマを背負って成長していくストーリーという今回の舞台。

のんさんのみならず、村上虹郎さんや藤井隆さん、荒川良々さんや伊勢志摩さんなど魅力的なキャストがそろっており、宮藤さん自身が舞台でギターを演奏するという演出も話題になっています。

関連記事:

■ぶっ飛んでパンキッシュなのんさんに期待


14日には、のんさん本人もツイッター上で、「作・演出:宮藤官九郎 【大パルコ人(4)マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』】にのんが出演いたします!」と告知しており、『あまちゃん』時代からのファンも歓喜。

「クドカンの台本で、『あまちゃん』以来の、いやそれ以上に弾けてぶっ飛んでパンキッシュなのんちゃんを期待してます」「のんちゃんの口から発せられた『あまちゃん』って言葉、嬉しいですね」といった喜びの声が寄せられ、笑顔や祝福の声が飛び交っています。

■大阪公演や仙台公演にも「行きたい」


のんさんは、同作の公式サイトに「あまちゃんの時に、宮藤さんの脚本でお世話になりました。あの時は朝ドラフィルターがかかっていたんだなあ、と思うくらい、今回の宮藤さんのプロットがぶっ飛んでいてびっくりしました」という、いやがうえにも期待が高まるコメントを寄せています。

ツイッターのリプ欄には、「絶対行きます」「何としても観に行きます」といった書き込みも見られ、9月には大阪公演と仙台公演も予定されていることから、「大阪公演もある やったー」「仙台行きたいです」という声もあがっていた。

■「コロナ退散熱烈祈願」という祈りも


舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染拡大の影響も心配される昨今だが、のんさんのツイッターのリプライにも、「コロナ退散熱烈祈願」という祈りの声が。さらに、「ロングラン、体力付けないとね」とのんさんの体調を気遣うコメントも見られ、「いいね」が続々と集まっています。

★のんさんのツイッターはコチラ

・合わせて読みたい→のん、ハロウィン仮装に「クオリティ高すぎ」「あまちゃんを思い出す」

(文/fumumu編集部・星子)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ