藤森慎吾、独立後の圧力を否定 梶原が「カッコいい」と感動した一言とは


お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が10日、キングコング・梶原雄太のYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』に出演。「【初告白】オリラジ藤森さんに空気を読まずズバズバ聞いてみたら全部答えてくれました」と題した動画内で、独立後の“圧力”についてぶっちゃけた。

昨年末をもって所属事務所・吉本興業とのマネジメント契約を終了し、今年からフリーで活動している藤森。独立後は、「今あるテレビの仕事はすべてなくなる」「仕事を干されるだろう」と思っていたそうだが、「今ある仕事に関しては引き続きやっていただいて構いませんって。それはサプライズでした」と、予想外の出来事に感謝した。

そんな藤森に、梶原が「圧力ってもうないですよね?」と単刀直入に聞くと、「まったくないと思います」とキッパリ。「辞めたあとも、吉本の方とは連絡を取り合ったりする窓口の方もいるし、歴代お世話になったマネージャーとかと連絡をとって、お仕事お願いしますっていうやり取りもしてるので。今のところない!」と、独立後の吉本興業との関係を吐露。

一方で、「この先は分からない」とも。「たとえそうなったとしても、嘆いてる場合じゃない」「僕が外れるってことは全然あるし、そこをクヨクヨしてても。圧力かけられましたって言うつもりはないし、かけられても仕方ないと思う」と続けると、梶原は、「なんかカッコいいですね。俺が知ってる藤森さんじゃなくなりましたね。どうしよう! どうしよう! っていうイメージだったから」と、一皮むけた様子の藤森に感心していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ