ファーストサマーウイカが関西弁で威嚇し、室井滋は“日本最初のOL”に 永野芽郁主演の映画『地獄の花園』4名の追加キャストを解禁

SPICE


5月21日(金)公開の映画『地獄の花園』から、4名の追加キャストが発表された。

『地獄の花園』は、女優の永野芽郁が主演を務める映画。オリジナル脚本をバカリズムが手がけ、Perfume、サカナクション、星野源らのミュージックビデオなどで知られる関和亮監督がメガホンをとった作品だ。本作で描かれるのは、普通の生活の裏側で地獄のような派閥争いを繰り広げる“OL”たちの物語。ある日、主人公の直子(永野芽郁)の会社は一人のカリスマヤンキーOLを中途採用したことをきっかけに、全国のOLたちから狙われることになる。主演の永野のほか、広瀬アリスが“カリスマヤンキーOL”蘭役で出演。そのほか、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒や、川栄李奈、森三中・大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一、小池栄子らがキャストに名を連ねている。

新たに発表されたキャストは、ファーストサマーウイカ、ニッチェ・近藤くみこ、3時のヒロイン・かなで、そして室井滋の4名。ファーストサマーウイカが扮するのは、凄みのある関西弁で相手を威嚇する、高口商事の進藤楓(中ボス)。ニッチェ・近藤くみこと3時のヒロイン・かなでは、「矢沢食品の風神・雷神」こと大柴姉妹を演じる。そして、室井滋は「OL裏社会では知らない者はいない」と言われる“日本最初のOL”七瀬小夜役で登場する。


同時に解禁されたキャラクター動画では、ファーストサマーウイカ演じる進藤がセカンドバッグを振り回しながら「このアマ、舐め腐りやがってコラァー!」と吠え、大柴姉妹が「矢食の風神・雷神じゃ!オマエも知ってんだろうが!」とすごみ、七瀬がカリスマヤンキー蘭にOL修行をつけ、「どうした。殺す気で来い」と貫禄を見せつけるシーンが公開されている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ