ムロツヨシ(俳優)-『宇宙なんちゃら こてつくん』"なんちゃって"を魅力だと思っていただければ嬉しいです。

Rooftop

準備してきたものが全く通用しませんでした
──DAXA(ダクサ)くんを演じるうえで作田(ハズム)監督からリクエストはありましたか。

ムロ:最初は可愛くやる方向で考えていたのですが、最初の現場で原作者の方や作田監督から「DAXAくんはDAXAで働いているおじさんが着ぐるみか何かを着て子供たちに豆知識を毎回1つ与えて、子供たちにわかるように高い声でしゃべる人です。」と言われたんです。まぁまぁ、ピンポイントできたなと思いました。

──キャラクターとしては出来上がっていたんですね(笑)。

ムロ:キャラクター然としていない無理しているおじさんということで、その裏設定を活かしてちょっと無理しているおじさんが出るのか出ないのか分からない高い声でキャラクターをやっている人という風に演じました。だからDAXAくんの話し方は地に足がついていない感じになっていますが、それは全て計算通りだということはお伝えしたいですね。

──現場に入る前は可愛く演じることを考えられていたとのことですが、リクエストがある前にどう演じるかムロさんの中で具体的にイメージしていたもの・モデルにしていたキャラクターなどはあったのでしょうか。

ムロ:ナレーションとの違いがあった方がいいのか、ナレーションと全く同じ風に演じた方が面白いのかは考えましたね。正直そこをどうやって演じ分けようか悩んだ部分はありました。

──確かにモノローグではなくナレーションですから、同じ演じ方だとDAXAくんが話しているのかナレーションなのか混乱してしまうかもしれませんね。

ムロ:ありがたいことにNHKのドキュメンタリーでナレーションをやらせていただいたことがあって、そこのディレクターさんからも褒められた経験があるので、ちょっとした自信を持っていたんです。そんな中で『宇宙なんちゃら こてつくん(以下、こてつくん)』のナレーションに臨むと、とにかく「なんちゃってナレーションの“なんちゃって”感が大事なので上手くやらないで、肩の力を抜いて欲しい。」と言われ、準備してきたものが全く通用しませんでした。

こてつくん_PV第1弾02.jpg

──ナレーションも設定が固まっていたんですね。

ムロ:そうなんです。演じ分けをどうしようかなというところはキャラクターもナレーションもハッキリとした設定があったので、最初の現場でその悩みはなくなりましたね。どちらかと言うとなんちゃってナレーションの方が難しかったです。ナレーションを経験してしまったばかりに、どうしても肩の力を抜いたお芝居をしている感じになってしまうんです。演じているみたいになるのが嫌だったので『こてつくん』では今までの経験を捨てて、でも内容は伝えないといけない、その加減が難しかったですね。逆にDAXAくんの方はおじさんがちょっと無理した高い声でやるという設定をもらえたので、思う存分できました。でも、力を入れてやりすぎて「ちょっとそれはやりすぎです。」と怒られることは多々ありました。

──多々だったんですね(笑)。

ムロ:4話以降で飽きてきたんでしょうね。力を入れてやりすぎると、作田監督に第1話を聞かされて「これくらいでやってください」と言われました(笑)。

──正しい形は第1話のものと。

ムロ:そうですね。第4話ぐらいで設定を忘れて高い声でしゃべるムロになってしまったんです。

_K6A0123.JPG
自分の目で宇宙から地球を見るという経験をしてみたい
──『ニノ国』や『ボス・ベイビー』などでも声のお仕事をされていますが、普段の俳優として出ている時と声のお仕事の時では入り方・気持ちの入れ方の違いはあるのでしょうか。

ムロ:やはり声だけの仕事は難しさを感じています。通常のお芝居とは全く違うアプローチや構え方だと思っています。普段お芝居をする時は顔・姿とともに話しているところを見てもらうので、佇まいも情報として入るんです。あるお芝居の考え方だとセリフに意味を持たせるなという考え方もあるんです。演劇論にもよりますが立っている姿・向き・目線を大事にして、棒読みとまでは言わないですけどセリフに意味を持たせないで淡々としゃべることが良いとされているお芝居の種類もあるんです。

──アニメと実写や舞台では役者から発信される情報が違ってきますからね。アニメでもキャラクターが絵として情報がありますがデフォルトされていますから。

ムロ:そうなんです。お話しした演劇論を声だけのお芝居でやると全く何も伝わらないことになるんです。僕はその訓練・経験値を増やしてしまったがために、それを捨てられない自分がいるのが難しいところです。キャラクターのアニメの口に合わせてセリフを言うことが出来たとしても、伝えなければいけない情報量がまだ足りていないと感じることが多々あります。他の声優の方の演技を聞くとやっぱりいろんな情報が入っていて、その時のキャラクターの感情やバックボーンも入っていたりするんです。そこが課題でもありますし、逆に俳優だからこそ伝わることもあるのかなと思いながらいろんなことを試しています。ただ、今回の『こてつくん』に関してはそういうことは一切要らない、なので今までの声優のお仕事とは全く違う場所に居ますね。

──なるほど。ムロさんはご自身の声でここに自信があるという部分はありますか。

ムロ:よく僕の鼻づまりの声を使うなと思うくらいで、自信は全く無いです。今でも自分の作品を観て「なんでこれがOKなんだろう」と思うくらいです。「良い声だね」と言われたことはありますけど、鵜呑みにしないようにしています。

──ムロさんの声は良い声だと思ってます。

ムロ:ほんとですか。僕自身は声に個性がないと思っていたんですけど、友人とタクシーに乗る時に「マスクをしててもムロさんとわかるからしゃべらないでくれ」と言われたことはありますね。「嘘つけわからないだろう」と言い返すんですけど、友達からしてみると「声とか話し方で、店に居てもすぐに分かりますよ」って言われました。

──分かります。ムロさんの声・話し方ってインプットされています。

ムロ:わかるんですかね。良いのか悪いのか解らないですけど、そんな声でも今回の『こてつくん』もそうですし、他の作品でもナレーションなどでお声がかかるので自信を持とうかと思っています。

──ナレーションの楽しみはどんなところにありますか。

ムロ:ドキュメンタリー作品のナレーションは説明とかに自分の感情とかを入れられるのが楽しいですね。セリフとは違って自分の思い入れを入れられるんです。本当はナレーションに感情を入れちゃいけないんですよね。でも、僕は入れちゃうタイプなんです。

──それが味となって、映像とマッチしてインプットされているんだと思います。

ムロ:ありがとうございます。

──ムロさんは自分の声には自信がないとのことですが、そうなるとオファーが来た際に驚きがあったのでしょうか。

ムロ:今回のオファーに関しては凄い嬉しかったです。偉そうな意味ではなく自分が選ばれたことの意味も解りました。子供の目線を持ちたいという気持ちを昔よりも強く思い始めていた中、Eテレの子供向け番組の中に自分が居れるというのが嬉しかったです。

──ゆるいとはいえ、DAXAくんは宇宙の知識を伝える役になります。ナレーションの部分も含めて宇宙の知識でびっくりしたことがあれば伺えますか。

ムロ:本当に知らなかったんですけど、宇宙に行って帰る時に出来るだけ軽く帰るように物を置いていくそうなんです。僕は記念に置いて行っていると思っていたんですけど、あれは軽くするためなんです。

──そうなんですね。

ムロ:その理由が帰りの機体を軽くするためで、それは凄く単純な発想じゃないですか。帰りを安全に無事に帰るためにそういうことも必要で、そうすることを前提で探索に行くというのは勉強になりましたね。行くたびに物を置いて行っていたら月は怒らないのかなとか思いますよね。

──そうですね(笑)。月からしたら持って帰ってくれよってなりますよね。

ムロ:そうそう。あとは、昔の天文学は星占いも勉学の一部なっていたというのは驚きました。星の軌道を予測するという行為の中で未来を予測するという形がもう入っていて、昔の天文学者の人たちは占いもできたそうなんです。

──占いも学問で、ある意味で科学が入っているんですね。

ムロ:占いというのが統計学でその統計学に歴史があるのだとすれば、信用せざるを得なくなってしまいますよね。

──確かに、ただの占いと思えなくなってしまいますね。

ムロ:星占いはこれから見ないようにします、信じてしまうので(笑)。

──宇宙飛行士と聞いてイメージすることはありますか。

ムロ:オレンジ色ですね。

──オレンジというのは。

ムロ:宇宙飛行士の方はオレンジの服を着ているイメージがありますね。こてつくん達も着ていますから。

──確かにキービジュアルではオレンジの服を着ていますね。宇宙飛行士の服というと青もありますよね。

ムロ:確かに、こてつくんを見ているからオレンジのイメージが強いですが青もありますね。あとは訓練が凄くきつくて、それを乗り越えた選ばれた凄い人達というイメージがあります。まだまだ簡単に誰でもなることが出来ない職業というイメージです。

──ムロさん自身、宇宙への憧れはありますか。

ムロ:自分の目で宇宙から地球を見るという経験をしてみたいですね。飛行機に乗っても地球の輪郭を見ることはないし、地球は本当に青いのかなと思うこともあるので、その経験はしたいなと思います。

こてつくん_PV第1弾01.jpg.jpg
良さはゆるさだと思っています
──ムロさんが感じた作品自体の魅力についてお伺いさせていただけますか。

ムロ:やはり、キャラクターも含め良さはゆるさだと思っています。主人公・こてつくんが宇宙飛行士という夢・目標をもって日々の学校生活を歩んでいくのが主な描写になっていますが、そこが押し付けがましくないという所が良いですよね。「夢を持とうぜ」「目標を持とうぜ」というのが押し付けがましくなく、夢を持っているゆるいキャラクターたちがゆるく前に進んでいくというのがこの作品の魅力かなと思っています。

──そのゆるさを受けてナレーションもゆるい形に。

ムロ:そうですね。最初はもう少し真面目にやろうと準備したんですけど、ゆるくてなんちゃって感を出して欲しいとのことでしたから。作中のキャラクターが生きるようにということではちゃんとしたナレーションよりも、棒読み加減がある方が作品世界とも合いますからね。その中でも毎回変えているんです。その変化が第4話以降なくなってきて日々迷路に入っていますが、その迷路を楽しんでいただければと思います。その迷いも含めた“なんちゃって”を魅力だと思っていただければ嬉しいです。

──この可愛いキャラクターたちで基本的にゆるいんですけど、ストーリーがただただゆるいだけじゃないというのも魅力だなと私は感じています。単純に何の障害もなく成功していくだけじゃないというのが良いなと。

ムロ:そうですね。全てが上手くいくわけではないですから、いろんなことを少しずつ知っていく姿も描かれていますね。僕も疑問を持つことを忘れないようにしたいですね。そこは大人が『こてつくん』を見て気づかされることかもしれないですね。

こてつくん_PV第1弾04.jpg

──大人になるほど知ったかぶりしてしまうことがありますからね。

ムロ:そうなんです。年をとればとるほど「なんで?」って聞きづらくなるじゃないですか、いくつになっても疑問に感じたことを聞ける側でいたいなと思います。

──さきほどからある“ゆるさ”というのがこの作品の魅力であるとのことですが、ムロさんご自身が自分の中にゆるさを内包しているなと感じることはありますか。

ムロ:どうなんだろう。自分がやる側に立った時はゆるい笑いのものが好きなのかもしれないですね。でも、緊張に負けて早口で話してしまうということも多々あるのでその辺は直していきたいと思います。これからも自分の内包しているゆるさを大事にしていきたいなと思う次第です。

──お気に入りのキャラクターやセリフ・シーンはありますか。

ムロ:好きなキャラクターは校長先生です。セリフをこうぱっと思い出せないんですけど、こてつくんが校長先生に相談に行ったらその流れでホルモン焼きに連れていかるというシーンがお気に入りです。こういうのを僕は粋な人間だと思うんです。現代的に考えると贔屓になってしまうのかもしれないですけど、そういうの好きですね。そういう粋な大人になりたいですね。

──人間味があって味のあるシーンですね。

ムロ:今は失敗を怖がって、粋な生き方・選択が少なくなっていると思っています。この校長先生はそんなことは考えていないと思うんです。そういう大人を目指したいです。目指している時点で粋にはなれていないんですけどね。なかなか難しいです。

_K6A0052.JPG
これからも「夢を持ちましょうよ。」と言っていこうと思っています
──作品のテーマに“夢に向かって挑戦することの大切”というのがありますが、夢を追いかけることの面白さ・難しさについて伺えますか。

ムロ:以前とある学校で講義を頼まれて講義の前に校長先生にごあいさつした際に「夢を持つ、夢は叶うと言わないで欲しいと言われたんです。」

──そうなんですか。

ムロ:どういう意図なのかを伺うと「挫折があるからです。」と言われたんです。今の子たちに挫折というのは余りにも酷であるという考え方なのか、挫折はプラスにならないのという考え方なのか分からないですけど。

──どちらの理由だったにしても、教育関連の方がそういったことを言うのはなかなか。

ムロ:確かに夢を持つ・目的に向かって歩くことは確実に挫折の可能性が一気に高まるわけで、それは振り子のようなものだとも思うんです。夢がかなうことが大成功だとしたら、振り子はプラスの方向にだけ動くことはないわけで、成功が大きければ大きいほど大失敗の可能性は高まりますから。

──そうですね。

ムロ:挫折を味わうということは辛いですし、挫折した姿を見られるということはカッコ悪いと思われるんじゃないかと考えてしまうのもわかります。その経験は確かに辛いですけど、成功した場所から見た景色だったり、それまでの経験だったりは貴重だと思うので、僕はこれからも「夢を持ちましょうよ。」と言っていこうと思っています。

──今はSNSなど個人で発信するツールが当たり前になっているので、入口はいっぱいある状況なのかなと思っています。せっかくであればそんなに固く考えずに踏み出してみてもらえるといいなと思いますね。

ムロ:そうですね。僕らの時代にはなかったですけど、そういう物を駆使してみるのもありですよね。

こてつくん_PV第1弾03.jpg

──『こてつくん』を見て夢を追いかけることの楽しさを改めて感じてもらえればいいですね。この作品はゆるくて熱くないのが逆にいいかもしれないですね。きっかけは楽しいから入るのが大事ですから。

ムロ:熱い作品が多くの人に支持されて熱狂の渦を作る意味もあると思うんです。その反面このゆるいところの世界で気付くこともあったらいいなと思っています。

──夢について伺ってきましたが、ムロさんが今までに叶えた夢、これから叶えたい夢を伺えますか。

ムロ:叶えることができたのはご飯を食べれる役者という夢です。今まで「まずはご飯が食べれるようになってから、自分の好きな芝居を試してみなさい」と自分に言い聞かせていました。それが叶ったので過去の自分が「ここからはもっと好きなやり方を試してみて、自分なりの理想像を目指していいですよ。」と言ってくれました。今までは“自己アピール・セルフプロデュースの場”“公開オーディション”という意識でやってきましたけど、今年から作る舞台では“自己表現”“自分の面白いことはこれです”という所に重きを置いてやっていきたいなと思っています。だから、まだ夢の途中ですね。自分なりにいい役者というのはどういうことかを考えていきたい、明日以降の自分に期待したいです。

──これから放送が始まりますが、楽しみにされている方・原作ファンの方に向けてメッセージをお願いできますか。

ムロ:晩御飯の時間帯の放送なので、晩御飯を作っている時間にお子さんたちがこのアニメに集中してくれて、パッと夜ご飯の準備ができるという風にも見て欲しいですし、仕事が早めに終わった時などはお父さん・お母さんと一緒に観ていただいて、家族の共有時間として使っていただけたら嬉しいなと思います。

──特に今ははやぶさ2号機やJAXAが久々に宇宙飛行士を募集して、宇宙への関心が高まっている時期ですから。この作品から宇宙飛行士を目指してくれる子が出てくれるといいですね。

ムロ:そうですね。宇宙を夢見てくれると嬉しいですね。夢を持って生きるというのはいいなということを伝えられればと思います。

_K6A0188.JPG

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ