不評の『ラヴィット!』は第2の『はなまる』になれるか。朝の情報番組戦争

女子SPA!

 4月からの番組改編で、多くの局の朝の顔が変わりました。フジテレビ系列では『めざまし8』が新しく始まり、TBS系列は生活情報バラエティ『ラヴィット!』が開始。NHK『あさイチ』は鈴木奈穂子アナウンサーが、日本テレビ系列『スッキリ』は岩田絵里奈アナウンサーがそれぞれ加入と、独自のリニューアルが行われています。

始まったばかりではありますが、視聴者の反応も様々なものがあるようです。勝ち抜けるのはどれ?

◆安定感で好評の『めざまし8』と『あさイチ』

『とくダネ!』から代わってフジテレビ系列でスタートしたのは『めざまし8』。好感度抜群の永島優美アナウンサーと、俳優活動のみならず『パネルクイズアタック25』(ABC系)などの司会を務める、非の打ち所がない紳士的なイメージの谷原章介さんが司会です。

古市憲寿さんやカズレーザーさん、気象予報士の天達武史さんなどが続投し、『とくダネ!』の色は残しつつ、後半のエンタメやカルチャーコーナーなどは『めざましテレビ』のテイストも感じさせる安心感のある構成は視聴者からもおおむね好評。『めざまし』の冠はありつつも、上品でさわやかになった『とくダネ!』という印象です。

そしてNHK『あさイチ』は、「近江ちゃん」として視聴者に親しまれた近江友里恵さんから、育休明けで約2年ぶりに仕事復帰した鈴木奈穂子アナウンサーに司会が交代。鈴木アナはNHKのニュースを主に担当していたこともあり、発表当初は柔らかな朝の情報番組の顔にマッチするのか不安視されていました。

しかし、放送がスタートすると料理が苦手で面倒くさがりな部分を垣間見せたり、今までのバリキャリ的なイメージのギャップに親近感がわいたという視聴者も多かったようです。

あさイチの歴代女性MCにはいなかった現役子育て中のママという、主婦がメインの視聴者層に近い鈴木アナウンサー。安定感もあり好評の意見が多くみられました。

◆硬派に路線変更?印象が変わった『スッキリ』

一方、近藤春奈さん、水卜麻美アナウンサーが抜け、岩田絵里奈、森圭介アナウンサーが加入した日本テレビ系列の『スッキリ』。メンバーの交代以降、政治や新型コロナ関連ニュースなどのシリアスな話題が多いせいか、加藤浩次さんの鋭さや厳しさだけが目立っている印象です。

情報を伝えたりニュースのコメントをするのも森アナが中心で、ある日は岩田アナの姿や声がほとんど見られない日もありました。

明るい番組の印象から、硬派に路線変更したようにも見え、どこか柔らかな印象の二人が抜けた穴の大きさを感じさせられています。岩田アナがこれからどう成長し、番組の中に絡んでいくかで、これから印象もまた変わっていくのではないでしょうか。

◆厳しい声が相次ぐ『ラヴィット!』は今後に期待

麒麟・川島明とTBS・田村真子アナがMCのTBS系列の新番組『ラヴィット!』は、前番組の『グッとラック!』の最終週の平均視聴率3・5%から初回視聴率2・7%に下がったと一部報道で話題になりました(関東地区、ビデオリサーチ調べ。以下同)。

その後も視聴率は低空飛行を続け、4月1日には1・8%と番組最低を記録。早くも低視聴率番組の烙印を押されてしまったようです。

内容も、SNSなどでは「朝からパスタソースの特集なんて誰が見たいの?」「どこかで見たような特集ばかり」「芸人ばかりで暑苦しい」などと批判の声が目立ちます。

一方、主婦からは「どこもコロナのニュースばかりだからホッとする」という意見も。

◆第二の『はなまるマーケット』になれるか?

かつてのTBS系列で放送されていた朝の人気情報番組『はなまるマーケット』も、開始当初は視聴率3%周辺の不人気番組でした。くしくも『はなまる』開始前の同時間帯で放映されていた番組は、『グッとラック!』同様に時事ニュースを扱う『モーニングeye』。内容、出演者ともに大幅なリニューアルをともなうものは、視聴習慣が身につくまで時間がかかるものです。

『はなまる』も、視聴率が6%を超えるようになったのも、放送開始翌年になってからのことでした。それ以降はコンスタントに長年7~8%台をキープするようになったといいます。一度波に乗ることができれば、『はなまる』のように、民放各局が横並びで同じようなニュースをする中、独自色を出せるのは大きな強みになるのです。

また、この番組は「若手芸人が多くてうるさい」という意見もあります。しかし、芸人さんにとって帯番組のレギュラーはせっかく掴んだチャンス、最初のうちは彼らがギラギラして空回りしてしまうのは仕方のないことです。しばらくしたら慣れて本来の面白さが発揮できるようになったり、逆に取捨選択もされてゆくのではないでしょうか。

新しい生活様式で、時差出勤やステイホームが多くなった20代~30代の若者たちは、主婦や高齢者向けばかりの朝の番組に取り残されているといいます。今後の企画によっては、そんな若い視聴者の心をキャッチする救世主になる可能性も見えます。『ラヴィット!』については、もう少し長い目で見る必要性があるでしょうね。

朝の番組は、多くの人々の生活に密着しており、いちど視聴者をつかんだら離れないもの。数か月後、果たしてどの番組が勝者として笑っているか――4月改編の朝の帯戦争は始まったばかりです。

<文/小政りょう>

【小政りょう】

映画・テレビの制作会社等に出入りもするライター。趣味は陸上競技観戦

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ