市川海老蔵、自称・神父に付きまとわれガチギレ 触られて「マジ迷惑」

fumumu


市川海老蔵

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、ブログとツイッターを更新。

昼間は公園で「良い出会い」があった反面、夜は自称・神父に「付きまとわれた」ことを明かし、複雑な心境を語っています。

■公園で警備員や打楽器奏者と交流


海老蔵さんは12日、公式ツイッターに「おはよう! 昨日の出会いも面白かったのとマジ迷惑『昨日の出会い』」と投稿し、アメブロのリンクを添付。

ブログ記事には、公園でテニスボールでリフティングしている警備員や、太鼓の練習をしている人に話しかけ、暖かい交流があったことが綴られています。

太鼓を叩いている人物に質問しているうちに、海老蔵さんも太鼓が気に入ったもよう。同じ楽器を「一緒にいたおじさんが私に買ってくれる事になりました」と明かし、「届くの楽しみ」とハートマーク付きで語っています。

関連記事:

■ジムで付きまとわれて触られる


昼間の公園では「素敵な出会い」があった海老蔵さんですが、一転、夜のジムでは迷惑行為に悩まされることに。

海老蔵さんによると、自称・神父という人物に「ずっと、何回も 風呂場まで」付きまとわれたとのことで、「しまいには私に触ってきて私は微妙に切れましたね、笑笑、内面はガチギレ! 出力は微妙に」と告白。

その人物は謝罪したとのことですが「それなら最初からスナや! と思いましたね」と、怒りの気持ちを吐露しています。

■「身元のわからない方」との写真撮影はNG


さらに海老蔵さんは、その後も酔っ払いの男性に「写真撮ってくださーい!」と言われて断ったと発言。昔は写真撮影に応じていたとのことですが、現在は時流に併せ、「基本写真は身元のわからない方と写真撮るとね、何があるかわからないから遠慮しています」とのこと。

その一方で、「大勢のファンとか、身元がハッキリしている方は私も撮りますよ 最低限のマナーを守ってくれていれば」と、ケースバイケースで柔軟な対応をしていることも明らかにしました。

■「逃げてください」という心配の声も


初対面の人間から「体を触られる」ことは、不愉快な出来事だったことが想像でき、コメント欄には、「筋肉隆々のお体を初めてまのあたりして、興味持ったのでしょうか?」「今後、無い事を願いますが 丁重に手を振り払い逃げてくださいね」という書き込みも。

ツイッターのリプ欄にも、「色んな人が寄ってくるんですね」と驚きの声が寄せられ、「今日はステキな出会いと嬉しい事だけ起こりますように」などの「応援コメント」も寄せられています。

★市川海老蔵のツイッターはコチラ

・合わせて読みたい→海老蔵、麻央さんの愛読書を読み始めたと報告 「ようやく触れられる自分に…」

(文/fumumu編集部・星子)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ