前向きな性格が裏目に…「ポジティブ男子」の残念なエピソード4選




どんなことも前向きに考えられる「ポジティブ男子」。ポジティブな人と一緒にいるといいことばかりのイメージですが、実はそのポジティブさが裏目に出てしまうこともあるようです。今回は、そんなポジティブ男子との残念なエピソードをご紹介したいと思います。

フッたのに誘ってくる

「飲み会で知り合った男性と一度食事に行って、その帰りに告白されました。でも正直タイプじゃなかったし一緒にいても楽しくなかったので、『ごめんなさい。付き合うのは無理です』とはっきり断ったんです。
でも次の日、『おはよう、今日も仕事頑張ってね』『来週空いている?』とLINEが来ました。てかきちんとフッたよね……? なんで付き合っている風になってるのか不明で、そのポジティブさに引きました」(アパレル・25歳)

▽ フラれたことを自覚していないのかワンチャンあると思っているのかは謎ですが、ここまではっきりとフラれているのなら諦めるのが普通ですよね。あまりしつこいと余計に嫌われてしまうのに。

悩み相談を聞いてくれない

「彼氏に仕事の悩みを相談したことがあります。でもすごくポジティブというか楽観的な人だから、『え、そんなん大丈夫っしょ』『気にしすぎだって』と軽くあしらわれてしまいました。その言葉で楽になれる場合もあるけど、もう少し真剣に聞いてほしい内容だったので、話して余計にストレスがたまってしまいましたね」(販売・29歳)

▽ 悩み相談のベストアンサーではありませんよね。たしかにさらっと流されることで不安が払拭されることもありますが、いつもこのパターンでは不満が募りそう。

迷惑をかけているのに気付かない



「元カレがスーパーポジティブ人間だったので、価値観が合わずに別れました。だって仕事で自分のミスで迷惑をかけても全く悪びれないし、デートで遅刻しても何も反省しないんですよ? 浮気も『俺が魅力的すぎるから』とか意味不明な理由で正当化するし。ポジティブというかただのバカですよ、あれは」(ネイリスト・33歳)

▽ 人に迷惑をかけても悪びれないのは、ポジティブとはまた違うタイプな気がしますね。自分のしたことから逃げているだけで、人としての魅力はないように感じます。

寝たら忘れる

「昔付き合っていた人はとにかくポジティブで、ケンカしても寝たら忘れるタイプでした。真剣な話をしていても次の日になったら忘れているし。私はけっこう引きずるほうなのでうらやましいと思う反面、『なんでこの人はこんなに前向きで単純なんだろう』とイラッとすることも多かったです」(エステティシャン・31歳)

▽ 寝たら忘れるなんてとても得する性格ですが、一緒にいる相手はイライラすることが多そうですよね。

まとめ

ポジティブ男子の前向きな部分は尊敬できますが、ポジティブさがたまにキズになることもあるようです。自分にプラスになるような男性であればいいですが……。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ