松下奈緒、中山美穂演じる “稀代の悪女”を弁護!?佐藤隆太、黒羽麻璃央ら豪華キャスト集結

テレビドガッチ

4月12日(月)の「月曜プレミア8」枠は、松下奈緒主演の新シリーズ『脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。

松下が演じる主人公・海堂梓は、現役の弁護士でありながら大学の研究室で脳の記憶を研究する『特任准教授』の肩書も持つ女性。自身が弁護人として関わる事件を目撃者や容疑者の“記憶”を手掛かりに、時に強引に脳科学を駆使し裁判に勝つ、異色の弁護士だ。そんな海堂と時に対立しつつも、共に事件の謎を解明していく年上の部下、斎田誠役には佐藤隆太。40代にして新人弁護士となった、希望に胸を膨らませる熱意ある役柄を演じる。

そして、正反対な性格の2人を取りまとめる法律事務所所長・鹿島憲太郎役には奥田瑛二。夜はカジノと化す法律事務所内で、アウトローな人々や現役刑事からも情報を仕入れ、2人をアシストしていく。

また、中山美穂が “稀代の悪女”と称される冬川沙也加役を演じるほか、黒羽麻璃央、井上裕介(NON STYLE)といった豪華キャストが登場する。

<あらすじ>
弁護士の海堂梓(松下)は「記憶は塗り替えられる」が信条で、大学で脳科学を研究する特任准教授でもある。

新米弁護士の斎田誠(佐藤)は鹿島憲太郎(奥田)が所長の「真実一路法律事務所」で海堂のアシスタントを務めることに。そこに殺人事件の被告・冬川沙也加(中山)から弁護依頼が。

彼女は彫刻家の夫・冬川忠司(平原テツ)殺しの罪に問われており、過去にも2人の夫が不審死を遂げていた。沙也加は不敵に微笑み「無罪にできる?」と海堂に問う。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ