『ラヴィット!』“朝からうるさい”と苦情! 名指しされた芸人は…

まいじつ

ミキ 
(C)まいじつ 

今春からスタートした朝の新番組『ラヴィット!』(TBS系)が苦戦を強いられている。

前番組『グッとラック!』がニュースを斬っていたのとは対象的に、時事問題を一切扱わず、〝朝の情報バラエティー〟という新たな試みを行っている同番組。しかし、記念すべき初回視聴率は2.7%と奮わず、以降も2%台で推移、4月1日には1.8%と地を這うような数字になっている。

一部では半年での打ち切りが報じられるなど、早くも苦境に立たされている「ラヴィット!」。その原因だが、ネット上には「朝から芸人が多すぎてうるさい」といった意見が大量に見られており、ウリにしている〝明るさ〟が空回りしていることが分かる。

中でも特に不評なのが、火曜レギュラーを務めている兄弟お笑いコンビ『ミキ』だ。

「朝からうるさい」と芸風のミスマッチを問う声が…


ビビる大木と若槻千夏が火曜レギュラーを務めるのに対し、「ミキ」は『宮下草薙』と隔週交代でレギュラーを担当。4月6日に初出演を果たしたのだが、ネット上では

《ミキの昴生めっちゃ強めにツッコむ》
《ミキ、にぎやかし要因とはいえうるさすぎる》
《うるせー番組やなぁ》
《ミキってうるせえだけで笑いが全くないな》
《朝からミキとか不快すぎる》
《ミキより宮下草薙の方がいいな、朝8時からあの兄ちゃんのテンションはツラい》
《ミキ弟 朝から不愉快》
《ミキは朝からうるさすぎる》

など、前週と違って辛辣なコメントが吹き荒れたのだ。

「『ミキ』は昴生が大きなダミ声で叫ぶツッコミを売りにしているため、確かに朝から見るにはガチャガチャしていますね。もう片方の隔週レギュラーが割とおとなしめな芸風の『宮下草薙』ということもあって、よりうるさい印象も受けてしまうでしょう」(お笑いライター)

一方、そこまで不評を憂慮しなくても良いという見方も…。

「現在、お昼のバラエティーとして頂点に君臨しているのが『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)。しかし同番組、開始当初は『昼間からうるさい』などと評判が悪く、視聴率は2%台を連発する惨状でした。一部では半年での打ち切りさえ囁かれましたが、ついには『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に勝ったのは知っての通り。2%という数字や『うるさい』という批判など類似点が多いので、ジンクス的には『ラヴィット!』も朝の王者となるかもしれませんよ」(テレビ誌記者)

「ラヴィット!」の真価を問うには、せめて1年は見た方がよさそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ