Ikea x Sonos 新商品リリースを匂わせ予告。スピーカー内蔵のウォールアート?

200129symfonisk01
Photo: ヤマダユウス型(2020年2月に販売が始まったSYMFONISK)

どれほどインテリアに寄せてくるのかが気になる。

IKEAとSonosがタッグを組んだ商品と言えば、IKEAのSymfonisk(シンフォニスク)シリーズ。Sonos製品を比較的安価で始められることもあって人気のアイテムです。が、どうやらここに新製品が加わりそう。IKEA&Sonosが、それぞれ公式Instagramのストーリーズ機能で再びコラボすると思われる匂わせ投稿をしています。

両者の匂わせ投稿は、Symfoniskとお互いのロゴが表示されるだけで詳しいことは一切不明の、匂わせ中の匂わせ。現在2つあるSymfoniskシリーズは、スピーカー付きランプとブックシェルフ型スピーカー。ネタ元The Vergeの独自情報によれば、新たに追加されるのはスピーカー内蔵のウォールアートの可能性が高いようです。

ウォールアートと言えば、IKEAは定評ありますからね。一体どういうものになるのかとても楽しみ! The Vergeはこの超初期プロダクト画像(コードネームTitan)を見たことがるそうですが、機能性まではまったくわからなかったそう。つまり、アート寄りなのか、スピーカー寄りなのかハッキリしなかったと。 既存のブックシェルフスピーカーは壁かけすればちょっとした棚として使えるので、それよりはもっとインテリアデコレーションの要素を高めたものになるんですよね? きっとね?

ウォールアートの他にも、新商品はもう1つあって、それは既存のスピーカー付きランプが第2世代へとアップグレードした形になるようです。The Vergeいわく、ブックシェルフの方は年内のアップデートがないそうで、そこはちょっと残念かな。

Source: The Verge

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ