「まるでゴジラ!」コンビニに現れた巨大トカゲに店内騒然(タイ)<動画あり>

野生動物が住宅地に出没したというニュースは珍しくないが、このほどタイで2メートル以上もあるトカゲがコンビニエンスストア「セブン-イレブン」に現れ、店内にいた人々を震え上がらせたようだ。店内の客が当時の様子を撮影しており、その動画がSNSで拡散されると「まるでゴジラのようだ」と多くの人が驚きの声をあげた。『Coconuts Bangkok』『New York Post』などが伝えている。

タイの首都バンコクにあるセブン-イレブンで、体長8フィート(約2.4メートル)の巨大なトカゲが店内に現れて大騒ぎになった。トカゲは商品を蹴散らしながら商品棚をよじ登って店内を荒らしており、『Coconuts Bangkok』ではその様子を怪獣映画『ゴジラ』シリーズに登場するゴジラにたとえて「映画館から抜け出して、セブン-イレブンを襲った」と報じている。

店内の客が撮影した動画には「ああ、なんてこと! 棚の商品が台無しだわ!」と店員らしき女性の叫び声が聞こえ、店内は騒然となった。トカゲは商品棚の一番上まで登りきると安心したようにそこに留まった。

この動画を目にした人たちは、次のような驚きの声をあげた。

「うわ! ゴジラだと思ったよ。」

「(外が)暑かったんだろうね。」

また中には「店の支店長が視察にやって来たんだよ」といったジョークも見られた。

『New York Post』によると、このトカゲはコモドオオトカゲで一般的に“コモドドラゴン”と呼ばれている種とのことだ。その巨体ゆえ、イノシシやヤギ、水牛などの大型哺乳類を捕食することもあるという。

今回セブン-イレブンに現れたコモドオオトカゲは、店内にいた人に危害を加えたという情報は無い。しかし2017年にはインドネシアのコモド国立公園を訪れたシンガポールの男性が、コモドオオトカゲに噛まれて病院に搬送されている。男性は43針縫う大怪我だったものの大事に至らず、すぐに回復したそうだ。

画像は『Coconuts Bangkok 2021年4月7日付「Rampaging, thirsty lizard terrifies Bangkok 7-Eleven (Video)」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ