9mm Parabellum Bullet、6月6日からのツアー『カオスの百年 TOUR 2020 ~CHAOSMOLOGY~』の内容を新たに二部構成で開催することを発表! メンバーコメント到着!

Rooftop


9mm Parabellum Bulletが6月6日からスタートするツアー『カオスの百年 TOUR 2020 ~CHAOSMOLOGY~』の詳細を発表した。

本ツアーは昨年に開催を予定していたツアーの振替公演となり、当初はトリビュートアルバム『CHAOSMOLOGY』のリリースツアーを予定していたが、内容を新たに二部構成にて開催することとなった。

第一幕は未完全のままで終演した2017年のツアー『TOUR OF BABEL』をやりきるため、『BABEL』再現ライブをサポートギター2名を迎えて最大人数の6人で行ない、第二幕は、インディーズ盤『Gjallarhorn』『Phantomime』の2枚の再現ライブを4人で行う予定。

なお、当日の来場者へは、新曲1曲に加えカップリングとして当日のライブ音源がダウンロードできるコード付きのCDが配布される。

また、ツアーは会場の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに従い、「1Fスタンディング」から「指定席」に変更して開催される。詳細はオフィシャルサイトにて確認していただきたい。

以下、メンバーから届いたコメントを紹介しよう。

【菅原卓郎】

ツアーをします!!

二つの離れた時期をパッケージした再現ライブです。

100%受け取ってもらうために対策はしっかり施します。

BABELは逆境に立ち向かうために、持てる力をすべて使うという表現でした。

そしてインディー期の二枚は当然に全力、もっと言えば自滅するくらいの初期衝動で9mmは動いていました。

再現だけれど、表現しているものは2021年の今あらためて伝えたいこと、バンド自身にも必要なものだと感じています。

だからみなさん、ぜひ会場に観に来てくださいね。

【滝 善充】

ついにツアーをまわれる時がやってきました。新曲もできたし、一生懸命頑張ります。

【中村和彦】

本当に久しぶりのツアーです。

貴重なライブになりますので、楽しみにしていただけたら幸いです。

【かみじょうちひろ】

ひゃっはーー◞(、´▿`)、今日も、あまりにも潔癖症だからウンコ見た後は目を洗うちひろだよ☆~(ゝ。∂)

6月から「カオスの百年 TOUR 2020 ~CHAOSMOLOGY~」が始まりますね。去年延期になったヤツですね。

普段、チャンスをピンチに変えたりするあたしですが…この自粛期間では、自宅スタジオに篭りまくり、またドラム少し上手くなれました。

そんなわけで9mmのライブがまた一段と切れ味良くなりそうです。だから、是非とも皆さん見に来て下さいねー!☆~(ゝ。∂)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ