ANA、5月の国内線で減便 79路線5,550便

Traicy

全日本空輸/ANA(ボーイング767-300型機)全日本空輸(ANA)は4月8日、5月6日から31日までの国内線で、減便・運休を実施すると発表した。

新型コロナウイルスの影響に伴う需要減退等を鑑みたもので、79路線の5,550便を減便する。これにより5月の減便率は29%となる。

すでに、4月29日から5月5日までのゴールデンウィーク期間中、59路線の578便の減便を発表している。一方で、高需要の沖縄路線を中心とした4路線で、臨時便37便を運航するとしている。

期間中、東京/羽田~釧路線、新潟・長崎~沖縄/那覇線、富山・小松~札幌/千歳線、東京/成田発着全路線は全ての日、東京/羽田~オホーツク紋別・根室中標津線、名古屋/中部~松山線、札幌/千歳・静岡・岩国・熊本~沖縄/那覇線、広島~札幌/千歳線は一部の日にそれぞれ運休となる。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ