佐伯泰英書き下ろし新シリーズ刊行開始、ラジコ初の書籍CMも!

Rooftop


main.jpg

株式会社文藝春秋は、 人気時代小説作家、 佐伯泰英氏の書き下ろし新シリーズ「照降町四季(てりふりちょうのしき)」第1巻『初詣で』を4月6日に刊行。 毎月1巻ずつ、 4巻連続で刊行の予定。

それに合わせて本日よりラジコにて、 「照降町四季」と、 既刊の「酔いどれ小籐次」、 「居眠り磐音」の3シリーズの音声CMを配信。 新型コロナウイルスの影響もあって音声メディアの評価が高まっています。 新シリーズのスタートに際し、 新たな読者との出会いを求めて実施するもの。 なお、 ラジコでは本施策のために配信ターゲットとして「読書(本)関心層」を新設。 ラジコでの書籍のCM配信は初めてのこと。

「照降町四季」シリーズ

江戸の大火と復興を通して描く、 町人たちの勇気と興奮のストーリー

特設サイト:https://books.bunshun.jp/sp/terifuri

sub1.png

「居眠り磐音」シリーズ

友を討ったことをきっかけに江戸で浪人暮らしの坂崎磐音。 隠しきれない育ちのよさとお人好しな性格で下町に馴染む一方、 “居眠り剣法”で次々と襲いかかる試練と敵に立ち向かう!

特設サイト:https://books.bunshun.jp/sp/iwane

sub2.png

「酔いどれ小籐次」シリーズ

剣の達人にして、 無類の酒好き。 “酔いどれ小籐次”の活躍を描く痛快シリーズ!

特設サイト:https://books.bunshun.jp/sp/kotouji

sub3.png

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ