とてもいい子なのにモテない女性……その理由と脱却方法を探ってみた

yummy!


とてもいい子なのにモテない女性……その理由と脱却方法を探ってみた

「A子ちゃんは、とてもいい子だよね!」と、周囲の人たちから評価されているのにもかかわらず、まったくモテない女性っていますよね。
「女性にモテる女性」と「男性にモテる女性」は違う。なんていう話もありますが、まったくモテないとなると、恋愛に不向きな意外な特徴や要素、問題点があるのかもしれません。
今回は、そんな「いい子なのに持てない女性」について、詳しく考えていきたいと思います。ひょっとしたら、驚くような意外な理由があるのかもしれません。

目次

無難すぎる


「いい子」と言われる女性の特徴を悪く例えるなら、「個性がない」ということ。
自分の考えを持っている人はある程度のワガママを言ったりしますが、いい子の女性は個性がないイエスマンであるため、つかみどころがなく、魅力に欠ける部分があるのです。
無難な人は一緒に居て邪魔になることはありませんが、逆に例えるなら「一緒に居たい!」と思われることもありません。
「いい子と言われるのに、どうしてモテないんだろう?」と疑問を抱いたら、普段よりもワガママで個性的なアピールをした方が良いと言えるでしょう。

主体性がない


いい子の女性は、多くの人たちから誘われるため、「恋人はいないけど、それなりにスケジュールが埋まっている」という状況です。
そんなときに男性からデートに誘われても、「スケジュールがいっぱいなんで……」という理由で、せっかくのチャンスを逃してしまう傾向が高いのです。
仕事や趣味などでスケジュールが埋まってしまうのは仕方がないことですが、「ちょっといいかも?」と思える男性からのアプローチがあった場合には、「今は忙しいので、こちらから連絡しますね!」というような主体性を持った答えを出すようにしましょう。
主体性のある女性は自立したイメージがありますので、モテないキャラを脱出するどころか、知的で頼り甲斐のある女性として見られることもあります。

八方美人をやめましょう


いい子はみんなに良い顔をしている八方美人であるため、好きな男性がいたとしても、その好意が伝わらない難点があるもの。
あまりにも好き嫌いがハッキリしすぎているのは、少し問題ですが、ある程度の好き嫌いがあった方が、恋愛も成就しやすくなるのです。
特に異性に対しては、「私、Bくんのことが好きだなぁ……」というかたちで、他の男性とは違ったアピールやアプローチをしても良いと思います。
男性は基本的に鈍感な生き物ですので、あまり重たくなり過ぎないレベルで、普段とはちょっと違ったコミュニケーションやアプローチをしてみましょう。
「みんなに良い顔をするいい子ちゃん」を卒業すると、モテない女性という悪循環からも良い形で脱することができると思います。
(yummy!編集部)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ