ゲーミングスマホ「RedMagic」新モデル国内販売 - Snapdragon 888搭載


ZTE傘下のスマートフォンメーカーNubia Technologyのゲーミングスマートフォン「RedMagic 6」「RedMagic 6 Pro」の日本国内販売が発表された。NLNテクノロジーが日本国内の代理店となり、国内販売および日本語サポートを行う。公式サイトでは4月15日午前11時より予約を受け付け、4月22日に販売を開始する。他のECサイトでの販売は5月6日から。価格は、「Red Magic 6」が103,385円、Red Magic 6 Proが114,885円。

「RedMagic 6」「RedMagic 6」は、Qualcomm Snapdragon 888を搭載。リフレッシュレート165Hzの高速な画面描画、500Hzのタッチサンプリングレートによる敏感な操作、最大20,000回転/秒の冷却ファン、5,050mAhの大容量バッテリなど、快適なゲームプレイに必要な機能を備えた高性能ゲーミングスマートフォンだ。

Snapdragon 888は最大2.84GHzのCPUクロック数で動作。GPUアーキテクチャはAdreno 660を採用しグラフィックレンダリング性能が35%向上。さらにQualcommの第6世代AIエンジンを内蔵し、Snapdragon 865の3倍と大幅にAI演算能力が強化されている。

「RedMagic Pro 6」は16GBのLPDDR5 DRAMと256GBのUFS3.1ストレージを搭載。「Red Magic 6」はメモリが12GB、ストレージが128GBとなる。ネットワーク面では5G(SA/NSA)、Wi-Fi 6Eに対応した。

同社では今後の販売戦略として、有名インフルエンサーやプロeスポーツ選手とのタイアップやeスポーツ大会の協賛などを展開し、 ゲーミングスマホユーザー数の底上げを目指していくとしている。

詳細な仕様は下記のとおり。

OS:Android 11.0ベース RedMagic OS 4.0
プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 888
GPU:Adreno 660
メインメモリ:12GB LPDDR5(Red Magic 6)/16GB LPDDR5(Red Magic 6 Pro)
ストレージ:128GB UFS3.1(Red Magic 6)/256GB UFS3.1(Red Magic 6 Pro)
ディスプレイ:6.8インチAMOLED(アクティブマトリクス式有機ELパネル)、2,400×1,080ピクセル表示(20:9)
リフレッシュレート:165Hz 
タッチサンプリングレート:最大500Hz
スピーカー:デュアルステレオスピーカー
カメラ メイン6,400万画素/広角800万画素/マクロ:200万画素(リア)、800万画素(フロント)
無線機能:SA/NSAの両方に対応 5G/4G/3G/2G

5G対応バンド:n77/n78(NR)、1/3/8/18-n77および3/18-n78(NSA)
4G対応バンド:TD-LTE B38/B41(2545-2655MHz)、FDD-LTE B1/ B3/ B8/ B18/B19/B26/B28A(703-733MHz)

Wi-Fi:Wi-Fi 6E 2x2 MIMO IEEE802.11b/g/n/ac/ax
Bluetooth:Bluetooth 5.1
バッテリー:5,050mAh
充電器:30W
ポート:USB3.1、Type-C、デュアルnano-SIMスロット、3.5mmピンジャック
サイズ/重さ:169mm W77.09×D9.89×H169mm、224g

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ