俳優・画家・音楽家、どれも「浅野忠信」。 2年ぶりとなる大型個展をPARCO MUSEUM TOKYOで開催

NeoL



渋谷PARCO 4F「PARCO MUSEUM TOKYO(パルコミュージアム トーキョー)」にて、浅野忠信の最新展を開催。本展では、画家デビュー期の巨大なキャンバス画から展覧会場で完成する予定の真新しいオブジェまで、 約250点の作品でPARCO MUSEUM TOKYOを埋め尽くす。アクリル絵具、鉛筆、ボールペンなどによるドローイング、ペインティング、コラージュと様々な作品を制作してきた浅野忠信は近年、水彩と油彩の画材・手法を取り入れ、いまや驚異的なスピードでカラーパレットを拡張している。会場では、ネオシルク版画を展示販売するほか、オリジナルグッズや関連グッズを販売。





TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”会場 :PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)東京都渋谷区宇田川町15-1 tel:03-6455-2697 期間 :2021年4月9日(金)~ 25日(日) 11:00-20:00 ※短縮営業(1/8(金)~当面の間)※入場は閉場の30分前まで ※最終日18時閉場 ※営業日時は感染症拡大防止の観点から変更となる場合がございます 入場 料 :一般 700円 学生 500円 ※小学生以下無料公式 HP: art.parco.jp主催:PARCO協力:アノレ企画制作:PARCO / 亜洲中西屋宣伝デザイン:大橋修(thumb M)


浅野忠信 | TADANOBU ASANO 1973年11月27日生まれ、神奈川県出身。 1990年に『バタアシ金魚』でスクリーンデビュー。2008年には主演作の『モンゴル』が米国アカデミー賞外国語映画賞に ノミネートされ話題となる。2011年に『マイティ・ソー』でハリウッドデビュー。 2014年に『私の男』でモスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。主演作の『岸辺の旅』が2015年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞、『淵に立つ』が2016年同映画祭同部門審査員賞を受賞。公開待機作にNetflix「KATE(原題)」、映画「Minamata(原題)」「Mortal Kombat(原題)」などがあり、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」への出演も決まっている。音楽活動のキャリアも長く、長編インストゥルメンタル作品「アリが踏まれる瞬間の物語」(2002)で知られるPEACE PILLなどでの活動を経て、地元・横浜のハードコア仲間と2013年にSODA!を結成。 今までになくポップな音楽性で快進撃するSODA!ではボーカルを務めている。主な展覧会に、個展「error」(1999/リトルモア・ギャラリー[東京])、個展「BUNCH」(2003/リトルモア・ギャラリー[東京])、個展「urge」 (2013/ヌイサンス・ギャラリー[東京])、個展「TADANOBU ASANO 3634」 (2018-2019/ワタリウム[東京])。企画展「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」(神戸市六甲山上[兵庫])、 総合芸術祭「Reborn-Art Festival 2019」(石巻市・牡鹿半島ほか[宮城]) にも出品している。 画集に『error』(1999/リトルモア)、『BUNCH』(2003/リトルモア)、『蛇口の水が止まらない』(2018/HeHe)がある。

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ