ショーン・メンデス、ジャスティン・ビーバーの「ピーチズ」をカヴァー

Billboard JAPAN



現地時間2021年4月6日、ショーン・メンデスが、ジャスティン・ビーバーの「ピーチズ」をカヴァーする約20秒の動画をTikTokで公開した。ジャスティンの最新アルバム『ジャスティス』に収録されている、ダニエル・シーザーとギヴィオンが参加した「ピーチズ」は、先日米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で初登場1位を獲得した。

リラックスした様子のショーンは、「ピーチズ」の冒頭をヴォーカルのみでカヴァーしており、リズムに合わせて指を鳴らしている。ショーンは、2020年に発表した最新アルバム『ワンダー』で、同郷のジャスティンと「モンスター」と題された楽曲でコラボしている。

ここ最近NFTがブームとなっているが、今年2月にショーンはNFTに参入した初のメジャー・ポップスターとなった。彼はアバター・テクノロジー会社のジーニーズとデジタル・ウェアラブルのラインを発表し、ファンは自身のアバターを、これらのギター、Tシャツ、べスト、ネックレス、指輪などでカスタマイズすることが可能だ。ショーンのチームが発表したプレス・リリースには、デジタル・コレクションが60万ドル(約6,580万円)を売り上げ、収益はショーン・メンデス財団に寄付されると綴られている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ