SHINee、10年ぶり「Mステ」出演「成熟した姿をお見せしたい」

モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/08】2年6ヵ月ぶりに活動を再開したSHINeeが、約10年ぶりに9日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(よる6時45分~3時間スペシャル)に出演する。

メンバーのオンユ、キー、ミンホが兵役を終え、2月にリリースした7枚目となるフルアルバムの収録曲「Don’t Call Me」をパフォーマンスする。

抜群の歌唱力と見る者を圧倒するダンスパフォーマンス、高いファッションセンスと唯一無二の存在感でアジアのみならず、世界各地でその人気を誇っているSHINee。最新曲「Don’t Call Me」もリリース以来、大きな話題を呼んでいる。

◆SHINee、10年ぶりMステ「成熟した姿をお見せしたい」



今回の楽曲のポイントは「足上げダンスと強弱の調節」とオンユ。SHINeeならではの精度の高いダンスパフォーマンスを披露する。10年ぶりのMステ出演にミンホは「前回よりも成熟した姿をお見せしたいです。華やかで強力なSHINeeを期待してください」と意気込み。キーも「ツイッターのリアルタイムトレンドのランキングに名前を入れたいです!」と目標を掲げた。

そしてSHINeeとしては久々の出演となるテミンも「僕たちSHINeeならではのステージを準備したので、たくさん期待してください!」と自信満々。実力派ボーイズグループ・SHINeeの10年ぶりとなるMステでのパフォーマンスに注目だ。

◆NiziU「Take a picture」を披露



ジャスティン・ビーバーは、3月19日に発売されたばかりの最新アルバム『Justice(ジャスティス)』から大ヒット曲「ANYONE」を日本初披露。ジャスティンがMステでパフォーマンスするのは2015年12月以来、約6年ぶり。本人からはスペシャルメッセージも寄せられる。

そしてNiziUは本人たちが出演するCMの楽曲でもあるセカンドシングル「Take a picture」を。「Make you happy」の“縄跳びダンス”、「Step and a step」の“ラビットダンス”に続く今作は、歌詞にある数字を体現する“ナンバーダンス”がポイント。いったいどんなダンスを見せてくれるのか注目だ。(modelpress編集部)

◆「ミュージックステーション 3時間スペシャル」出演アーティスト



adieu「よるのあと」
A.B.C-Z「Nothin’ but funky」
Awesome City Club「勿忘」
折坂悠太「朝顔」
櫻坂46「BAN」
SHINee「Don’t Call Me」
ジャスティン・ビーバー「ANYONE」
スピッツ「紫の夜を越えて」
Travis Japan「ジャニーズダンス曲メドレー」
NiziU「Take a picture」
秦基博「泣き笑いのエピソード」
三浦大知「Backwards」
緑黄色社会「Mela!」

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ