こりゃ絶対モテるわ…「この人女慣れしているな」と思ったエピソード




ふとしたときに、「あ、この人モテるだろうな」と感じたり、「女慣れしているんだな」と気づくことってありますよね。女の勘は鋭いと言われるもの。
相手がとりつくろっていても、わかってしまうものはわかってしまうのです。ここではそんな、「この人絶対モテるな」と確信した、女慣れしていると感じたエピソードについて聞いてみました。

女慣れしていると感じたエピソード

好きなタイプを聞いたら…

「美容師さんに髪を切ってもらいながら世間話をしていたときに、『Aさんって本当に明るくて、話していて楽しいですね』とさらっと褒められたときに、この人モテるだろうなと思った。
さらに、私から好きなタイプを聞いてみると『うーん、ショートカットが似合う子ですね』って言われて、その日私はちょうどショートカットにしていたから、思わずドキッ。切り終えたあとに『ショートが似合っていて可愛いです』と言われ、社交辞令だとわかっていても『絶対モテるだろうな』と思った」(20代女性)

▽ 好きなタイプを聞いたときに自分とかぶるタイプを答える人は、なかなか女慣れしていますよね。相手に気を使わずに自分の好きなタイプを言うのではなく、相手も含めて「あなたも魅力的ですよ」と伝えられているので、相当モテているはずだとのことでした。

ぶつかりそうになったときにさりげなく手でガード

「しゃがんで頭の上に棚があったときとか、何かにぶつかりそうになったときにさりげなく手でガードしてくれる人ってたまにいる。
すごく気が利くとも言えるし、触れない距離でガードしてくれるからこっちはドキドキするんだけど、そういう人に限ってすごくモテるし、慣れているから気が利くところがある。元カレもそんな感じの人だった。それで浮気……」(20代女性)

▽ ぶつかりそうになったときに、さりげなく手でガードできる反射神経の持ち主は、それまで他の女性をガードしたことがある経験値の高さをうかがわせますね。

「美人と目が合って緊張しちゃって」という自己申告



「中途採用で入ってきた会社の後輩にあたる男の子が、私と話しているときに『美人と目が合って緊張しちゃいます』って言っていて、それがうれしくて心の中でニヤついてしまったことがあった。
でも翌日、同じ部署の他の子にも同じことを言っていてがっかり。そもそも、本当に緊張していたらそんなことは言えないはず。相当女慣れしているだろうなと気づいた」(30代女性)

▽ 本当に目を合わせて緊張しているのであれば、「緊張している」という自己申告さえままならないもの。相手を褒めるために、「緊張してしまう」と伝えられる余裕があるくらい、女慣れをしている証拠なのかもしれません。

アボカド・サーモン・チーズを外さない

「マッチングアプリで知り合った人とデートをしたときのこと。お互いの好みをほとんど知らない状態で予約してもらったお店がすごく素敵で、オーダーを任せたメニューのサラダにアボカド、サーモンが入っていて、それからチーズ系の料理が並んでいた。だいたいの女性ってアボカドとサーモンとチーズが好きだし、こりゃ女慣れしているなと思った」(30代女性)

▽ 女性が好きと言われる王道の食べ物を知っていて、女性が喜ぶお店でそのメニューが選べるというところに、女慣れをしている様子がうかがえます。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ