タケノコじゃなくてタケネコ 擬態して風景に溶け込む猫


愛猫のプクちゃん

タケノコが1本2本3本……計8本のタケノコが並んでいると思いきや。よ~く見てみると、そこにはある動物が紛れ込んでいます。

Twitterユーザーのすどうくんさんは4月4日、「これはタケノコとタケネコ」というコメントと共に写真を投稿。写真にはズラリとタケノコが並べられていたのですが、タケノコに紛れて愛猫のプクちゃんがしれっと一緒にくつろいでいました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

パッと見ただけでは気づかないくらいの溶け込みっぷり。プクちゃんはおっとりとした性格とのことで、写真では性格そのままおっとりまったり、のんびりくつろいでいる姿をみせています。

画像提供:すどうくんさん(@ohgoodraiding)

すどうくんさんに聞いてみると、プクちゃんは別にタケノコが好きというわけではなく、タケノコの下に敷かれてある南京袋の方が好きなので、ここでくつろいでいるとのこと。タケノコは毎年収穫しているそうですが、プクちゃんがタケノコに擬態化したのは今回が初めてなんだそうです。

プクちゃんがタケノコに擬態化したのは今回が初めて

最初にこの風景を見た時、「なんか多いな……」と思ったと話す、すどうくんさん。たしかに、これは頭の上に「ん?」という文字が浮かびそうで、思わず二度見してしまうかもしれません。

この投稿には、3万件以上のいいねが付き、「擬態の天才」「見分けつかなかった」「一番左のタケノコをください」「間違って茹でそうだニャ」など、多くのコメントが寄せられて話題になっています。


<記事化協力>
すどうくんさん(@ohgoodraiding)

(佐藤圭亮)

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ