ふかわりょう、事務所の大型新人を告白 意外な名前に驚き広がる

しらべぇ




7日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが自身の所属するワタナベエンターテインメントの「大型新人」に言及。その人物に驚きが広がっている。

■「凄い新人」がテーマ


名古屋工業大学の野球部に57歳の部員が新人として入部したことから、「あなたの周りに凄い新人が入ってきましたか?」というテーマでトークした今回の放送。

フリーアナウンサーの安東弘樹は2021年にF1ドライバーとなった角田裕毅選手の名前を口に。前園真聖は鹿児島実業の後輩で日本代表やジェフユナイテッド市原(現・千葉)で活躍した城彰二氏を挙げ、「高卒ルーキーで4試合連続ゴールは凄い」と話した。

関連記事:ふかわりょう、『バラダン』初登場でネタ披露 小山慶一郎の反応に驚き

■ふかわが凄い新人を明かす


番組後半、大島由香里から「ふかわさんの凄い新人は?」と聞かれたふかわは、「事務所的にはね、感染症専門家の岡田晴恵さんですね。あれは大型新人ですね」と意外な人物を挙げる。

そして「弊社の裾野も広がりましたし、ちょっと重心も傾きまして」と、白鴎大学教授の岡田氏が、自身が所属するワタナベエンターテインメントに入り、良い効果があったことを明かした。

■出演者や視聴者が驚き


ふかわが口にした意外な名前に、スタジオの大島も「凄いですね」とビックリした様子。安東と前園も同様の反応。

そして視聴者からも、「ビックリした。岡田さんは大きな事務所に入ったんだね」「知らなかった」「確かに凄い人だと思う」と驚きの声が相次ぐことになった。

■一般社会にも「凄い新人」がいる?


4月は新社会人が会社に入社する季節で、「凄い新人」もいるはず。しかしその新人たちは、必ずしも仕事ができるとは限らない。

しらべぇ編集部が全国の10~60代の有職者827名に実施した調査では、44.0%が「新入社員の能力が著しく低いと感じたことがある」と回答している。

ふかわによると、大型新人・岡田氏の加入で「裾野が広がった」とのことで、良い効果があった様子。今年の新入社員たちも先輩に良い意味で「凄い」と思われるよう、努力したい。

・合わせて読みたい→ふかわりょう、盟友・有吉弘行の結婚に独自見解 「シラフじゃ語りにくい」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の有職者827名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ