利用額1%キャッシュバック「P-Oneカード」とは


現金払いではなくクレジットカード払いを選ぶ理由に「ポイント還元」を挙げる人も多いでしょう。しかし、ポイント還元ではなく直接キャッシュバックを受けられるカードもあり、還元率が同じであればポイントと違って手間がかからず便利。なかでも「P-Oneカード」はキャッシュバックとポイント還元の両方が受けられるのです。

利用額金額が1%割引される「P-Oneカード」とは

P-Oneカードの合計した還元率1.3%


ポケットカードが発行する「P-Oneカード」は、カード利用金額の1%が直接割引となるのが特徴。P-Oneカードには年会費無料の「Standard」、3300円の「G」、そして1万1000円の「Premium Gold」の3種類があり、GとPremium Goldには1000円につき1ポイントのポイント還元も用意されています。

P-Oneカードで貯まったポイントは1ポイント=3円でカード支払い金額に充当可能。このため、ポイント還元率は0.3%となり、1%割引とあわせた還元率は1.3%と、クレジットカードとしては高いものとなっています。

さらに、ポケットカードのオンラインショッピングモール「ポケットモール」経由でショッピングでポイントが貯まるサービスも用意。こちらのポイントはStandardも対象で、H&M、紀伊國屋書店、スクウェア・エニックスなど、さまざまなジャンルのオンラインストア300店舗以上をラインアップしています。

P-OneカードはETC利用が割引対象外


割引やポイント還元以外のP-Oneカードのサービスを比較すると、Gでは海外旅行傷害保険やショッピング保険といったサービスを追加。さらに、Premium Goldでは国内空港ラウンジサービスが加わります(MasterCardは対象外)。航空便をあまり利用しない人であれば、StandardかGを選ぶ方がよいでしょう。

そこで、次にポイント還元がポケットモールなどの利用に限られるStandardと、利用金額に応じた還元があるGのおトク度を比較してみます。まず、Gは年会費3300円でポイント還元は0.3%。一方、Standardの年会費は無料のため、Gの年会費分をポイント還元で元を取るためには年110万円以上の利用が必要です。

なお、P-Oneカードの割引・ポイントで注意をしたいのが、多くのカードでポイント還元がある高速道路のETC利用が対象外となっている点です。このため、高速道路を走行する際にはポイント還元を受けられる別のカードを用意し、決済にはそちらを利用した方がよいでしょう。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ