浜崎あゆみ デビュー23周年迎えた日、ニューシングルをサプライズリリース

dwango.jp news


4月8日、デビュー23周年を迎えた浜崎あゆみがニューシングル『23rd Monster』をゲリラリリースした。

『23rd Monster』は原一博氏作曲によるロックナンバー。自分の道は自分で決めるという力強いリリックが特徴的で、「ノーマルは書き換えられて 悲観してる時間ももう過ぎた」という、今の世相を反映したような一節も印象に残る力強い楽曲となっている。



配信リリースと同時にYouTube上では「MV teaser -episode 0-」というタイトルの映像も公開されており、大きなモニターに映る一つの卵と謎のカウントダウン、そしてその周りで激しく攻撃的に踊るダンサーの姿が印象的なメッセージ性の強い映像に仕上がっている。

これらを事前告知もない完全なサプライズとして0時の配信と同時に発表する予定だったが、0時よりも前に配信がスタートした一部海外での情報がSNSで拡散されたため、「サプライズとしては無念ではありますが」という言葉とともに数時間前に急遽、情報解禁を行っていた。とはいえ、SNS上では「サプライズは残念だけど、まさかの新曲!」「じゅうぶんうれしすぎる!」「MV続編気になる!」等、歓喜と興奮の声が続々と投稿されている。

そして今日はバラード・ベストアルバム『A BALLADS 2』の発売日でもあるため、そちらも是非見逃さずにチェックしてほしい。『A BALLADS 2』はレコード大賞3連覇を成し遂げた大ヒット『No way to say』や『HEAVEN』『Days』などの名バラード30曲をリマスタリング収録、加えて先日リリースされたばかりの松任谷由実の名曲『春よ、来い』のカヴァーも新録される超ボリューミーなベスト盤だ。今回リマスタリングを手がけたのはNYのトップエンジニア、ランディ・メリル氏。本日より配信もスタートとなっているため、まさに必聴だ。

さらに、2020年2月から491日ぶりとなる、ファンクラブ会員限定の有観客ライヴの開催も発表された。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、昨年は全国ツアーとカウントダウンライヴが中止となってしまっていたため、ayuにとっても、ファンにとっても、お互いに再会を待ちわびていた中、かけがえのないライヴになることは違いないだろう。

歌い続ける、伝え続ける、ayu渾身のメッセージが込められた『23rd Monster』を皮切りに今日からまた新たに走り出した24年目の浜崎あゆみからひとときも目が離せない。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ