男性が「助けてあげたい!」と感じる女性の特徴4選

愛カツ


同じようにがんばっていても、男性から自然と助けてもらえるような女性と、そうじゃない女性がいます。

「どうせ顔でしょ?」と思われるかもしれませんが、案外そうでもなさそう。

男性は、女性の態度や行動を見て「何かしてあげたいな」と思うもの。

そしてそれは女性側からすると「え?そんなことで?」と思えるような、とてもささいなことなのです。

今回は男性がグッとくる「助けてあげたくなる女性」の特徴をご紹介します。

男性が「助けてあげたい!」と感じる女性の特徴4選

■ 常に一生懸命

いろんなことに常に一生懸命……といっても、なんでもかんでも気を張ってやるということではありません。

ただ、なにごともダラダラといい加減にやっている印象を与えると、あまり魅力的には見えないもの。

周りの人も、そんな人に対して「手を貸したいな」とは思えないかも……。

取り組んでいることが困難すぎて諦めモードになってしまうときはあるでしょう。

ですが、もしうまくいかなくても一生懸命な姿勢を見せるのが大切です。

女性の真剣な表情、真面目な表情ってすごく素敵ですよ。

誰かが手を差し伸べてくれて、仕事もスムーズにいくかもしれません。

■ 明るく頑張っている

頑張っている女性を見ると助けたくなるのはわかりますよね。

ここでのポイントは「明るく」という点。

同じように頑張っていても、文句を言ったり頑張っていることをアピールしすぎたりすると「してあげたい」にはつながりにくいもの。

「きゃー忙しいー」くらいにとどめておくとかわいい感じがして、男性もつい「手伝おうか?」と言いたくなるでしょう。

ポジティブな態度が男性を惹きつけるのかもしれませんね。

■ 感謝の言葉は素直に伝える

男性になにか手伝ってもらったときに、「そこまでしなくていいのに」と言っていませんか?

そんな「ツンとした態度」は封印してください。

やってくれたことには素直に感謝するのが大切です。

「ありがとう。助かった」と伝えてみてください。

人は厚意を上手に受け取ってもらえると、「次もしてあげよう」と思うものです。

また、毎回でなくともお礼としてなにかお返しするのも◎

お菓子や飲み物程度でも、日ごろの感謝の気持ちが伝わるはずですよ。

■ お互いに助け合える関係

男性は好きな人に「してあげたい」と思うことが多い傾向にありますが、いつも「助けてばかり」だとやはり疲れてしまいます。

やはり人間関係は、持ちつ持たれつが大切。

そこで、男性が困っているときや忙しそうにしているときは、できる範囲で男性を助けてあげてください。

たまに行動でお返しをもらうと、男性としても「ごほうび」のように感じてうれしくなるでしょう。

ただし、男性は優位に立ちたいと思っている人も多いので、「やってあげた感」は封印してくださいね。

「これ私やっとくね」「あ、これはまかせて」と、「さりげなく」がポイントですよ。

■ ちょっとしたことから変えてみて

大切なのは「困り方」と「助けてもらったあとの態度」。

行動や態度は自分の意識次第です。

ぜひ実践してみてくださいね。

そう難しいことではないですし、あなたの変化に男性はきっと好印象を抱くでしょう。

ちょっとだけ、なにかを変えてみませんか?

きっと流れが変わるはずですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ