TAAC第4弾公演『世界が消えないように』が開幕 永嶋柊吾、タカイアキフミのコメント到着 11月に『ダムウェイター』上演も決定

SPICE



タカイアキフミが主宰・作・演出をつとめるソロプロデュースユニットTAAC<読み:たーく> の第4弾となる公演『世界が消えないように』が、2021年4 月7日(水)下北沢 ・駅前劇場にて開幕した。2020年6月コロナ禍による延期を経ての公演となる。

このたび座長の永嶋柊吾と主宰であるタカイのコメント、および舞台写真が到着したので紹介しよう。
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志
『世界が消えないように』より 撮影:堀川高志

永嶋柊吾 コメント


顔を突き合わせた日、延期が決まった日、再開の日、初めてマスクを外して芝居した日、ついにこの日。今日が1番だよな、みんな。やるだけやったらまた会おう。観に来てくださる皆々様も。かけがえのない時間を過ごして、そんでまたどっかで、会おう。

タカイアキフミ コメント


幕が上がるの「幕」がどれだけ重いのかを知った1年だった。でも、その幕がどれだけ重くても、幕を上げようとする人がいる。そしてその幕が上がることを信じている人がいる。だから、演劇は消えない。あの、なんでもない、どうしようもない日々がまた訪れますように。そのためにも、僕は芝居を通して多くの人々と出会い、人々の営みに火を灯したい。

そして2021年11月、TAAC初となる翻訳劇、ハロルド・ピンターの傑作2人芝居『ダムウェイター』大野瑞生、横田龍儀と共に上演されることが発表されたので、こちらもあわせてチェックしたい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ