必要なケアだと思ったのに… 彼氏にとってはNGな3つの「処理」とは

fumumu

シャワーあがり(KristinaJovanovic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
良かれと思って自分の体でいろいろな「処理」をしているのに、彼氏からは評判が悪かった…なんてこともありますよね。

fumumu取材班は、彼氏にとってはNGだった「処理」を聞いてみました。

(1)臭いの処理


いろいろな性癖があるので、油断は禁物ですね。

「自分の匂いが気になるので、エッチの直前にシャワーを浴びて、脇の下やアソコは入念に洗っています。だけど彼氏は少し変態チックなところがあって、最近は足の指まで舐めるんですよ。しかも洗い方が甘かったのか、『香ばしくていいね』と言われ…。

褒め言葉なのかけなされたのか、微妙です。それ以来、指の間もしっかりと洗うようにしてます」(20代・女性)

関連記事:

(2)下の毛の処理


好き嫌いが大きく分かれるみたいです。

「ハイジニーナ好きの男性と付き合っていたときに剃られて以来、心地いいので続けているのですが、その後に付き合った彼にドン引きされました。『前の男の趣味か』と思えて、引いてしまうのだそう。

しかも自分がしてあげるのはいいけど、前の男にされているのをそのままにするのは嫌なんだとか。なんともわがままな理由だなと思いました」(30代・女性)

(3)おもちゃで性欲処理


本人にとっては単なる道具でも、彼氏は嫌なんですね。

「彼が家に来た時に、おもちゃを持っているのがバレて嫌がられました。自分で処理する用だと説明したのですが、自分のモノ以外は入れてほしくないみたいです。

私にとってはただの性欲処理の道具なのに」(30代・女性)

彼氏の趣味にすべて合わせる必要はありませんが、たまには付き合ってみても良いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→ムダ毛の処理が甘かったので… いきなり誘われて困った理由とは

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ