諭吉佳作/menがEP2作同時リリースでデビュー、崎山蒼志、長谷川白紙、根本凪らとのコラボレーションも

SPICE


諭吉佳作/men(ユキチカサクメン)が、デビュー作品を2枚同時リリースすることが発表された。

諭吉佳作/menは、10代でありながら、その幾何学的な楽曲センスや伸びやかな歌声が注目を集め、様々なアーティストとのコラボレーションやでんぱ組.incへの楽曲提供で話題となっていた。

デビュー作となるEP『からだポータブル』は、過去に発表済の音源は一切入れず、全て今作への書き下ろしオリジナル音源のみを収録。ドラマ『カルテット』や『最高の離婚』など、数多くの作品を手掛ける脚本家・坂元裕二の朗読劇『坂元裕二 朗読劇2021』主題歌を含む全8曲が収録される。

そしてもう一方のデビュー作EP『放るアソート』は、すべてコラボレーション楽曲を収録、同じ地元で以前より交流のあったシンガーソングライターの崎山蒼志や、気鋭音楽家の長谷川白紙、ヒプノシスマイクへの楽曲提供も手がけるヒップホップバンド・AFRO PARKER、トラックメーカー、編曲家・Kabanagu、マルチネレコーズでリリース実績のあるトラックメーカー/ラッパー・abelest、根本凪(でんぱ組.inc/虹のコンキスタドール)を迎えた一枚となる。

ジャケットは、それぞれ異なるカラーのクリアケース仕様。『からだポータブル』ジャケット内に使用されるイラストは、諭吉佳作/men本人が手掛けている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ