「朝日新聞」記事で話題の三島由紀夫全集未収録掌篇が、「新潮」2021年5月号に発掘掲載!

Rooftop


unnamed-5.jpg

昨年、 没後50年を迎えた三島由紀夫。 出世作となった「仮面の告白」が刊行された1949年、 24歳のときに発表した小説が、 同年の「朝日新聞」に掲載されていた。「恋文」と題されたこの作品は、 全集・単行本には未収録。 4月7日発売の「新潮」5月号は、 発掘小説として「恋文」を全文掲載をする。

2020年に没後50年を迎えた三島由紀夫の全集未収録作品が、 大阪大学の斎藤理生教授によって確認された。「恋文」と名付けられたこの掌篇は、 1949年10月30日付の「朝日新聞」大阪版および西部版に、 「400字小説」と題した特集中の一篇として掲載。 宴会に出た「支店長」が匿名の手紙を見つける場面から始まる「恋文」には、 掌篇ながら「占領下日本」が映し出されていると斎藤教授は意義付ける。

また、 ”三島は二ヶ月後に発表した評論「極く短かい小説の効用」で、 「長篇小説と等しい質量をもたない掌篇は無意味である」と述べている。 「掌篇小説は、 水の上に現れた氷山の一部分である」とも。 ”と、 三島にとっての掌篇の位置を本誌の「解説」に寄せている。

大蔵省を辞職し、 翌1949年7月に「仮面の告白」を発表したばかりの新進作家の掌篇は、 なぜ埋もれていたのか、 そして、 何が書かれているのか――。 「朝日新聞」4月6日付朝刊社会面で大きく取り上げられた発掘小説「恋文」の全文を、 斎藤理生さんの鮮やかな解説とともに読もう。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ