カニエ・ウェスト、撮影期間21年に及ぶドキュメンタリーをNetflixが約33億円で購入か

Billboard JAPAN



カニエ・ウェストの未公開ホーム・ビデオや貴重な映像を含む複数のパートからなるドキュメンタリーが、2021年にNetflixで配信予定であることが明らかになった。このドキュメンタリーは、カニエと20年以上にわたって付き合いのあるミュージック・ビデオと映画監督デュオCoodie & Chikeによって撮影された。

このプロジェクトに詳しい複数の情報筋によると、NetflixはClarence "Coodie" SimmonsとChike Ozahによるタイトル未定のプロジェクトを獲得した。一般的にCoodie & Chikeとして知られる二人は、カニエの初期のMV「Through The Wire」と「Jesus Walks」(バージョン3)の監督を務めた。Coodieは、米ビルボードとの2014年のインタビューで、カニエが他の監督が手掛けたバージョンは「魂と私の求める感覚がない」として、この曲の解釈をやって欲しいと頼まれたと語っていた。

その後、二人は長編作品に進出し、2012年にESPNが制作したスポーツ・ドキュメンタリー・シリーズ【30 for 30】の『Benji』では、将来有望な高校バスケットボール選手だったベン・ウィルソンの銃殺事件と米シカゴのコミュニティへの影響を描き、2019年には元NBA選手ステフォン・マーブリーを描いたNetflixドキュメンタリー『A Kid From Coney Island』で監督を務めた。

このコンビの制作会社であるCreative Controlは、カニエのドキュメンタリー・シリーズをTIME Studiosと共同で制作する。TIMEの映画・テレビ部門であるTIME Studiosは【エミー賞】の受賞歴があり、 2020年のドキュメンタリー『John Lewis: Good Trouble』では公民権運動の英雄である米ジョージア州議会議員ジョン・ルイスを描き、2018年のアレサ・フランクリンのコンサート映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』を制作している。

別の情報筋によると、Coodieは1990年代から米シカゴでカニエを撮影しており、この二人の関係がドキュメンタリー・シリーズの骨格となる。同作品では、カニエがラッパーとプロデューサーとして成功するまでの過程と、名声が彼に与えた影響、さらにはヒップホップが大衆文化に与えた影響や、有名人と社会の関わり方の変化などが語られる。

他の情報源によると、未公開映像やホーム・ビデオを使用して、カニエの母親であるドンダ・ウェストの死とそれがカニエに与えた影響、近年の彼の個人的な成長や、ファッション・デザインへの進出と成功、2020年の米大統領選への出馬の失敗なども取り上げられるようだ。しかし、2021年のカニエとキム・カーダシアンの離婚について描かれるかは不明である。カニエは制作のクリエイティブな部分に関わっていないが、彼は基本的に21年間にわたってCoodie & Chikeに撮影されることを許可することで、二人へのサポートを示してきた。

また情報筋の一人によると、Netflixはこのドキュメンタリー・シリーズを3000万ドル(約33億円)で買収したようで、今年後半の公開を予定している。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ