西野七瀬、乃木坂46デビュー前の思い出明かす

モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/07】6日放送の関西テレビ系バラエティー番組「グータンヌーボ2」(毎週火曜深夜0時25分~)に、女優の西野七瀬が出演。乃木坂46としてデビュー前の、懐かしい思い出を明かす場面があった。

◆西野七瀬が初めて会った思い出の芸能人とは



番組冒頭のトークで、仕事で初めて会った芸能人について聞かれた西野。「私はたぶんデビュー前の、持ち物チェックみたいな企画で…」と思い出しながら話す西野に、田中みな実らも「ありそう?」とニッコリ。

西野のデビュー前と言えば、2011年8月に乃木坂46のオーディションに合格し、2012年の2月にCDデビューする前の間と、はや10年前。当時を思い出し首をかしげながら「よゐこさん…だったかな…?」と西野は思い出を明かした。

◆西野七瀬、イジリー岡田の“ベロベロチェック”も経験済み



一方それを聞いて口を挟んだのが満島真之介。持ち物チェックという話が出たことから、お笑いタレントのイジリー岡田がやっている「荷物チェックしてベロベロベロってやってる」独特な持ち物チェックを西野がされたと思ったそうで「良かった」と安堵の声を漏らした。

ところが西野は「いや、それもやりました、やりました!」と返答。乃木坂時代、第一線を走ってきたアイドルでありながら、いろいろな経験を積んできたことが明かされた。

情報:関西テレビ

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ