不ぞろいでもおいしい“とちおとめ”をジェラートに サステナブルなスイーツ

OVO



“自然”という言葉が健康というイメージに直結している昨今、不ぞろいな野菜や果物も気にせず手にとる人は多くなった。ましてやジェラートなら、素材の形は無関係。不ぞろいな果物を使って作る「YASASHIKU Gelato(やさしく ジェラート)」(日本丸天醤油・兵庫県たつの市)から、“とちおとめ”を使った「いちごフレーバー」が数量限定で発売された。

そのままでは出荷することができない不ぞろいな茨城県産の「とちおとめ」。いびつな形や大きさ、表面の軽い傷などで通常出荷できない果実だが、味には影響のない果肉の部分を丁寧にジェラートにした。素材の美味しさを保ちつつ、フードロスを減らすサステナブルなスイーツだ。

今年出荷されたばかりのとちおとめは、上品な香りと、まろやかな甘みが特徴。冷凍保存せず、工場に届いてすぐ甘酒と合わせて作っている。着色料・乳化剤も不使用だ。色合いのやさしさが、見た目にも柔らかな味を想像させるジェラートだ。他のフレーバーも楽しめるジェラートとのセット販売で、6個入りが税込み4,000円、12個入りは同6,000円。販売は公式オンラインショップから。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ