『オオカミ』脱落に涙する視聴者も「めっちゃ切ない」

Entame Plex



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は4日、オリジナル恋愛番組『恋とオオカミには騙されない』の第8話を配信した。

本番組では、デートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける。ただし、10人の中には、好きなフリをする「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜んでいる。好きになった相手は“オオカミ”なのか?それでも相手を信じ、真実の恋を実らせることができるのか?予測不可能な恋の駆け引きと、男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころ。

第8話では、視聴者投票によって最も“オオカミ”だと疑われたメンバー1名が脱落。予想外の結果と、涙を見せるメンバーたちの姿に「誰も落ちてほしくない…」「やばい、もらい泣きしそう」「めちゃくちゃ切ない」と反響が集まった。

出演する女性メンバーは、SNS総フォロワー数500万人越えのモデル・YouTuberのなえなの、Popteen専属モデルの長谷川美月(みちゅ)、アーティストのTaki、女優の吉田伶香(りょうか)、「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)に出演し、話題となった女優の川口葵(あおい)。男性メンバーは、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)に出演するほか活躍の場を広げる俳優の綱啓永(つな)、TikToker・モデルのりゅうと(ちょこ)、俳優・モデルの樋口晃平(こうへい)、アーティストの杢代和人(もくだい)、俳優の井上想良(そら)が出演。

スタジオMCは横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠、そしてスペシャルゲストに浜辺美波を迎え、脱落直前まで激しく動く恋模様と、脱落の結果を受け涙を流すメンバーたちの切ない姿を見守った。

日没後の脱落発表までのつかの間の時間、メンバーたちは海に遊びに行き10人全員でのひとときを思いっきり楽しんだ。その後、みちゅと2ショットになったもくだいは「落ちるかもしれない」と切り出すと、みちゅは「嫌だ…」と悲しい表情を浮かべる。そして、もくだいの「好きだよ」というストレートな言葉に、みちゅは照れ笑いを浮かべながらうなずき、その後2人は見つめ合いお互いに「大好き」と伝え合う。もくだいの男らしい真っすぐな言葉と、お互いの気持ちを伝え合う2人の姿に、視聴者からは「みちゅもく、可愛すぎる」「こんなこと言われたい」「この二人、応援したい。ずっと続いてほしい!」と興奮の声が寄せられた。

日没直前、メンバーたちは互いに肩を抱き合いながら、絆を確かめ合った。つなが「最後まで、心は一つに頑張りましょう」とメンバーたちを元気づけ、いよいよ脱落発表を迎えた。

夜空に打ち上げられる花火によって告知される脱落発表。視聴者投票によって“オオカミ”だと疑われた上位5名のメンバーが選出され、一人ずつ花火が打ち上げられ、脱落が告知される。選出されたメンバーは、こうへい、りょうか、あおい、もくだい、なえなの。順に打ち上げられる花火を全員で見守り、脱落を告げる“赤い花火”が打ち上げられたのは、なえなのだった。最後まで予想がつかなかった“オオカミ投票”の結果に「めっちゃ切ないじゃん…」「鳥肌たった」「涙が止まらない」と視聴者も反応。

結果を受け涙ぐむメンバーたち1人ひとりに、なえなのは感謝の想いを伝えた。その後、なえなのに「最後に想いを伝えたい人を1人だけ指名し2人きりで過ごすことができる」と記された赤い手紙がなえなのに手渡されると、「今のなえに、誰かに最後の時間をお願いする資格はないと思うので、ここでお別れとさせていただきます」と誰も指名せずに、脱落すると宣言。それに対し、ある男性メンバーが

「最後に話したいので、月LINEを使わさせてください」と、なえなのと2人きりの時間を過ごしたいと名乗り出る。果たしてそのメンバーとは一体…?脱落直前の2人きりのデートに「また2人の並ぶ姿が見たい」「最後まで一途な姿にやられた」「こんな月LINE、最高すぎる」と視聴者も涙した「月LINE」デートと、併せて「きつすぎる…」とメンバーたちが困惑した脱落者の復活ルールなど、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV, Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ